建設業コンサルティングのご案内

降籏 達生プロフィール

代表取締役 降籏達生
生年月日:1961年2月23日 出身地:兵庫県神戸市 
最終学歴:大阪大学工学部土木工学科
【略歴】
1983年4月  株式会社熊谷組入社
1995年3月  同社を退社
1998年11月 ハタコンサルタント個人創業
2000年9月  ハタコンサルタント株式会社設立
⇒face bookはこちら

きっかけは『黒部の太陽』

中学のころ、「黒部の太陽」という映画を見ました。黒四ダム建設のためのトンネルを掘ることを描いた映画です。日本の発展のために、苦労に苦労を重ねてトンネルを掘りあげる姿を見て、「これこそが男の仕事だ」と思ったことを覚えています。
学校では、土木を専攻し、「黒部の太陽」のモデルになった株式会社熊谷組に入社しました。熊谷組では、トンネル工事、ダム工事、橋梁工事の施工、設計に携わりました。早朝から深夜まで、現場に張り付く毎日でしたが、目の前の巨大な建設物ができあがっていく喜びを感じながら充実した日々を送っていました。

降籏 達生経歴写真1 降籏 達生経歴写真2

阪神大震災が転機

1995年1月、現場の宿舎で寝ていると強烈な揺れに襲われました。テレビをつけると街が燃えていました。阪神大震災でした。両親は阪神間に住んでいましたので、急いで現地に向かいました。両親はかろうじて一命を取り留めましたが、周囲の状況は、私が幼い頃にすごした面影はありません。高速道路は倒れ、ビルは折れ、住宅は倒壊していました。
「自分がこれまで自信を持って造ってきた建設物は、こんなにもろいものだったのか」
そして決意しました。
「自分の力で、建設業を立て直そう」
1995年3月、株式会社熊谷組に退職願を出し、建設業を支援する仕事を始めることにしました。
意気込みは人一倍でしたが、これまで建設現場しか知らない男に、事業をすることなどできるはずもありません。しかし、「とにかく動くことからはじめよう」と思い、かばんに資料を詰め込み、来る日も来る日も建設会社を訪問しました。

一件の社長の依頼がコンサルタントの喜びへ

ある日、ある建設会社の社長から次のように言われました。
「工事原価を低減させたい。その方法を教えてもらえないだろうか」
私は、この会社の社員さんと共に、実行予算書を作り、協力業者と値引きの交渉をし、現場の整理整頓をし、仮設図面を書き、請求書のチェックをしました。その結果、当初に見込んでいた工事費用を10%も低減することができたのです。とても感謝されました。
その後、社員研修、協力会での講演、中期経営計画の作成などを行いました。また、ISO9001やISO14001を取得したいということで、そのお手伝いもしました。夜は、お酒を飲みながら、社長の経営相談に耳を傾けました。 「コンサルティングという方法で、企業の発展とそこで働く社員さんの物心両面の幸せを目指そう」
脱サラして5年目に、私がたどり着いた結論でした。

降籏 達生画像

降籏達生に取材を依頼する

メディア紹介はこちら

降籏 達生の仕事

建設経営者倶楽部KKC

建設業は、地球でもっとも古く、基幹的な産業です。
建設業ががんばってこそ、地球に住む人たちが豊かな生活を営むことができます。「NPO法人建設経営者倶楽部KKC」は、建設会社、建設コンサルタント会社の繁栄と、そこで働く建設技術者が生き生きと働く場をともに作り上げることを応援します。
そのことで日本の国土と国民の安全と安心を守る活動を推進します。

建設経営者倶楽部KKC画像
建設経営者倶楽部KKCサイトへ

建設業入職者増加プロジェクト

「建設業入職者増加プロジェクト」では建設業の実態を中高大学生はじめ一般の方々に知らせることで建設業への興味関心を高めることを目的とします。そのために建設業を知っていただくWEBサイト、遊びながら建設業の理解を深めるゲームアプリ、建設業の裏側を知る動画の作成を推進します。

建設業入職者増加プロジェクト
建設業入職者増加プロジェクトページへ

「建設業で本当にあった心温まる物語」を広めるプロジェクト

『建設業で本当にあった心温まる物語』は、建設業従事者、建設業と関わりのあった方より実話に基づく『心温まる物語』を収集し、厳選してまとめた本です。思わずホロッとくる話が詰まっています。子どもたちに建設業の実情・すばらしさを伝えるための副読本として、建設会社が新卒生を募集する際の採用ツールとしてご活用いただいています。

建設業で本当にあった心温まる物語
建設業で本当にあった心温まる物語特設ページへ

「建設技能者訓練学校」設立プロジェクト

建設基礎技能を正しく教え、身につけさせることで、建設業入職者の増加、および定着率を向上させます。また若者、保護観察者が建設技能を身につけ定職につくことで、非行、いじめ、犯罪の防止につなげます。それらを通じ、災害に強い国土作りを進め、国民の安全、安心を守ることを本事業の目的とします。

「建設技能者訓練学校」設立プロジェクト画像

降籏達生に取材を依頼する

メディア紹介はこちら

降籏 達生の書籍・DVD・ポスター

一般の方々が建設業に関心をもちより深く理解していただくための書籍を執筆しています。また建設業従事者が、専門知識を高め人間力を向上させることで安全で、安心な建設物をつくることができるよう書籍ならびにDVDを発行しています。

降籏 達生の書籍・DVD・ポスター画像
書籍・DVD・ポスター販売一覧ページへ

降籏 達生のYoutube

Youtubeチャンネルページへ

降籏達生に取材を依頼する

メディア紹介はこちら

ハタコンサルタントのコンサルタントメンバー

経営企画部長 技術・経営コンサルタント 三浦規義
生年月日:1960年4月3日 出身地:愛知県名古屋市
【職歴】
清水建設株式会社入社
大学教育施設の専門部署にて建築現場施工管理に従事する。
東京都庁議会棟、JRセントラルタワーズなどの施工計画、生産設計、
施工管理を工区責任者としての実績がある。      
ハタコンサルタント株式会社入社
⇒face bookはこちら

詳しいプロフィールをみる

技術・経営コンサルタント 田渕一光
昭和45年(株)奥村組に入社、平成10年「建設事業撲滅」の潮流に勝てず建設コンサルタントに転身(株)ユニオン入社。奥村組では主にダム工事に、ユニオンでは河川関連の調査・設計に従事。常に第一線で建設技術と向き合ってきたので技術的問題解決体験の豊富な団魂の建設技術者です。団魂の世代の定年退職を機に「建設実践研究所」を設立。培ってきた建設実践技術を活かし、中小建設関連企業様の支援、後人への実践技術の伝承、疫幣化しつつある建設産業の復興・復帰を決意。プロポーザル(技術提案)、設計審査・検証、施工計画及び積算、施工管理、マネジメントシステム(品質、環境、労働安全衛生)の構築・改善、リスクアセスメント等の「実践技術」が身上です。

詳しいプロフィールをみる

降籏達生に取材を依頼する

メディア紹介はこちら

社長ブログ

建設経営者倶楽部KKC

ISO推進フォーラム