建設業の働き方改革セミナー

hatarakikata2


こんなお悩みはありませんか?


・予定通りに工事が進まず、社員の残業や休日出勤が増えている
・社員の負担を金銭で処理しようとすると会社の業績に影響が出る
・社員の定着率を上げたい
・働き方改革を進めたいが、自社に合った労働規則がわからない

 ▼ その原因は・・・

・旧態依然とした仕事の進め方
・業務分担が非効率
・社風が淀んでいる
・労働規則を見返していない

 ▼ こうすれば解決!

・業務の効率化、生産性の向上
・残業時間を減らす仕組みづくり
・社員満足度が高い社風をつくる
・時代に合った労働規則の見返し

本セミナーでは、社員の幸せと会社の繁栄を両立させる方法を学ぶことができます。



 開催日程


【東 京】2019年8月7日(水) 13:00~17:00
【名古屋】2019年8月8日(木) 13:00~17:00
【大 阪】2019年8月9日(金) 13:00~17:00


会場

【東京会場】
イオンコンパス東京八重洲会議室
 地図は コチラ
東京都中央区京橋1-1-6 越前屋ビル4階
●JR「東京駅」八重洲中央口より徒歩4分

【名古屋会場】
ウインクあいち(愛知県産業労働センター) 
地図は コチラ
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38
(JR・地下鉄・名鉄・近鉄)名古屋駅より
●JR名古屋駅桜通口から ミッドランドスクエア方面 徒歩5分
●ユニモール地下街 5番出口 徒歩2分

【大阪会場】
イオンコンパス大阪駅前会議室
 地図は コチラ
大阪府大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビル15階
●大阪駅から徒歩3分、JR東西線「北新地駅」直結



FAXでお申し込みの方は →申込用紙(PDF)をダウンロードする


カリキュラム

1.建設業の現状とは
2.法規則を知る
・労働時間・休日のルール
・割増賃金の考え方
・36協定とは?
・自社に合った変形労働時間制の活用
3.働き方改革を実行しよう
①働きやすい待遇で働ける職場をつくる
・モデル年間休日カレンダー(休日、所定労働時間)
・ITを活用した勤務時間帯の把握方法
②社員が安心して働ける職場を作る
・安心して働けるための就業規則とは
③社員が仲良く働ける職場を作る
・福利厚生制度、慰安旅行
④会社から認められて働くと満足度が上がる
・表彰制度、人事評価制度
⑤自己実現できる会社で働きたい
・自分の夢を叶える働き方


 

セミナー概要

セミナー名

建設業の働き方改革セミナー

参加費

「早割」実施中!

開催2ヶ月前までにお申込みされた方は2,000円オフ!
開催1ヶ月前までにお申込みされた方は1,000円オフ!

※「早割」にてお申し込みの場合、キャンセルはできません。
受講予定者が参加できなくなった場合は、
代理の方が本セミナーに参加するか、
ご本人もしくは別の方が他のセミナーに振替え参加をお願いいたします。

【一 般】
20,000円
【コンテク会員】 >>コンテク会員とは
18,000円


対象者

建設会社経営者、経営幹部


講師

降籏 達生
ハタ コンサルタント株式会社代表取締役/建設技術コンサルタント

小学生の時に映画「黒部の太陽」を観て、困難に負けずにトンネルを掘り進む男たちの姿に憧れる。
1983年大阪大学工学部土木工学科卒業後、株式会社熊谷組にてダム工事、トンネル工事、橋梁工事など大型工事に参画。
阪神淡路大震災にて故郷兵庫県神戸市の惨状を目の当たりにして開眼。技術コンサルタント業を始める。
建設技術者研修5万人、現場指導2000件を超える。 NPO法人建設経営者倶楽部KKCを設立し、200社以上の建設会社業績向上を達成。
日本経済新聞、朝日新聞、読売新聞、中日新聞などへの記事掲載、テレビ朝日「グッドモーニング」「モーニングバード」、
テレビ愛知「ニュースアンサー」、中京テレビ「キャッチ!」、名古屋テレビ「ドデスカ!」など、メディア出演多数。
「がんばれ建設~建設業業績アップの秘訣~」は読者数12,000人、日本一の建設業向けメールマガジンとなっている。
子供のなりたい仕事ベストテンに建設技術者を入れるための活動をしている。

◇ 技術士(総合技術監理・建設部門)文部科学省 登録NO.29172
◇ APECエンジニア(CIVIL,STRUCTURAL)
◇ 労働安全コンサルタント(厚生労働省登録)
◇ 第二種情報処理技術者
◇ NPO法人 建設経営者倶楽部KKC 理事長
◇ 名古屋商工会議所/愛知県商工会連合会 エキスパート
◇ 社団法人土木学会 フェロー会員



働き方改革に関するセミナーにはいろいろ参加しているが、「建設業」に特化したものがなかなかないので、思い切って遠方から参加しました。振休対策、有休のカレンダー化など早速取り組みたいことがたくさんありました。次回は別の社員を参加させます。(栃木県/総合建設会社)


変形労働時間制は以前より興味があったが建設業に向いているのかわからなかったので、セミナー内容はたいへん興味深く聞くことができました。(岡山県/総合建設会社)


人事制度の導入にあたり参考になった。いくつか事例を聞くことができたので、自社に合ったものを検討し、提案していきたい。(福井県/総合建設会社)


社長である私が社員ことをどれだけ真剣に考え、取り組んでいるかということに今更ながら気づかされました。社員ひとりひとりと向き合っていくと決めました。気づきをいただき、ありがとうございました。(愛知県/専門工事会社)



FAXでお申し込みの方は →申込用紙(PDF)をダウンロードする