フルハーネス型安全帯 使用作業特別教育

ハーネス
墜落・転落による労働災害を防止するため、平成30年6月19日、労働安全衛生規則等の改正により
「墜落防止用器具を用いて行う作業に係る業務に係る特別教育(フルハーネス型安全帯使用作業特別教育)」の
実施が義務付けられ、平成31年2月1日に施行されることとなりました。
高さが2メートル以上の箇所であって作業床を設けることが困難なところにおいて、
墜落制止用器具のうちフルハーネス型のものを用いて行う作業に係る業務(ロープ高所作業に係る業務を除く)を
行う方が受講の対象となります。 弊社では特別教育を実施できる有資格者の講師を派遣しております。
協力業者を集めての実施も可能です。

詳細はお気軽にお問い合わせください。

 


 

▼法改正のポイント

①安全帯が「墜落制止用器具」に変更
②墜落制止用器具は原則「フルハーネス型」を使用
③「安全衛生特別教育」が必要

 

カリキュラム(6時間)

・作業に関する知識
・墜落静止用器具に関する知識
・労働災害の防止に関する知識
・関係法令 ・墜落制止用器具の使用方法等(実技)

※研修終了後に修了証をお渡しします
※各自フルハーネス型安全帯を必ず持参してください。 持参されない場合は当日受講ができません。

 

特別教育概要

フルハーネス型安全帯 使用作業特別教育

 

参加費

15,000円/1人

 

実施条件

15名以上

 

※各自フルハーネス型安全帯を必ず持参してください。
持参されない場合は当日受講ができません。
※会場費用が、別途必要です

 

特別教育開催方法

・ 企業内にて社員を対象に開催
・工事現場にて、協力会社作業員を対象に開催
・安全大会等のタイミングにて開催
(開催日は、平日、土曜、日曜開催も可能です。開催時間帯(6時間)も相談に応じます。)
詳細はお気軽にお問い合せください。
※現在のところ、公開セミナー開催は予定していません

 


対象者

高さが2メートル以上の箇所であって作業床を設けることが困難なところにおいて、
墜落制止用器具のうちフルハーネス型のものを用いて行う作業に係る業務(ロープ高所作業に係る業務を除く)を行う方
 


・自分の経験と照らし合わせて共感できる部分が多かった
・経験や指導を受けないとわからないことを話してもらい、とても内容の濃い時間だった
・講話に熱があり興味深かった
・なぜフルハーネスを使用するべきなのかがわかり、安全に対する意識も高まった