若手施工管理技術者 工程・原価管理力、資格取得力 強化2日間コース

mainv_wakate2day

【社団法人 全国土木施工管理技士会連合会 CPDS12ユニット申請】
【社団法人 日本建築士会連合会CPD12ユニット申請】


若手技術者はもっと活躍できる!

建設業界に入職して5年ほど経過した若手施工管理技術者は、ひとりでこなせることも多くなってきたことでしょう。
この段階で、実務的な工程管理、原価管理を学ぶことが重要です。
自分で、工程表、実行予算書を作成できなければ、現場運営することはできません。
また早期に施工管理技士を取得してこそ、建設業で一人前と見なされます。

本研修では、若手施工管理技術者に必要な工程管理、原価管理の手法を学ぶことができ、また、学習手法を身につけることができます。
この段階で体系だった教育を受けさせることで、仕事の面白さを感じさせ、永く働いてもらえる職場環境を作りましょう。

こんなお悩みはありませんか?

育成担当者の悩み
・若手社員が受け身の姿勢で、主体的に動いていない
・施工管理技士資格を取得して欲しいが勉強する習慣がない
・先輩社員が忙しく、若手社員の相談相手が身近にいない

若手施工管理技術者の悩み
・現場を任されることが増えてきたが、工程表、予算書の作り方がわからない
・施工管理技士資格を取りたいが勉強方法が分からない
・先輩に相談しても丁寧に教えてくれない

 ▼ その原因は・・・

・体系的な技術教育を行っていない
・現場では、日常に追われて資格試験勉強の余裕がない
・社内に若手社員が少なく、相談しにくい雰囲気がある

 ▼ こうすれば解決!

・工程管理、原価管理を体系的に学ぶ
・施工管理技士の勉強方法を学ぶ
建設会社で働く意味を改めて確認する

本セミナーでは、実践的な工程管理、原価管理の手法と
資格取得のための勉強方法を2日間でしっかり学ぶことができます。


FAXでお申し込みの方は →申込用紙(PDF)をダウンロードする

カリキュラム

<1日目>若手社員に求められる能力とは

・建設会社から期待されていることの理解
・建設会社の現状と課題の理解
・1級施工管試験対策30の秘訣
・施工管理の基礎を基礎を理解する(施工業務,現場業務,現場管理)
・成果を出すチームの作り方
・行動計画、施工計画立案演習

<2日目>工程表、実行予算の作成

●工程管理
・ネットワーク工程表の作成方法
・暦日換算係数の基礎演習
・歩掛りの基礎理解
・歩掛り演習
●原価管理
・原価算出の基礎
・原価算出演習
・協力会社は儲かったか確認演習
・積算書,設計数量演習
・実行予算書作成演習

セミナー概要

セミナー名

若手施工管理技術者 工程・原価管理力、資格取得力 強化2日間コース


開催日時

1日目:12時〜19時
2日目:9時〜15時
合計13時間(正味12時間)

【東 京】2019年9月4日(水)、5日(木)
【名古屋】2019年9月19日(木)、20日(金)
【大 阪】2019年10月1日(火)、2日(水)


開催場所

【東京会場】
イオンコンパス東京八重洲会議室 地図は コチラ
東京都中央区京橋1-1-6 越前屋ビル4階
●JR「東京駅」八重洲中央口より徒歩4分

【名古屋会場】
ウインクあいち(愛知県産業労働センター)  地図は コチラ
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38
(JR・地下鉄・名鉄・近鉄)名古屋駅より
●JR名古屋駅桜通口から ミッドランドスクエア方面 徒歩5分
●ユニモール地下街 5番出口 徒歩2分

【大阪会場】
イオンコンパス大阪駅前会議室 地図は コチラ
(大阪府大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビル15階)
●大阪駅から徒歩3分、JR東西線「北新地駅」直結


参加費

「早割」実施中!

開催2ヶ月前までにお申込みされた方は3,000円オフ!
開催1ヶ月前までにお申込みされた方は2,000円オフ!

※「早割」にてお申し込みの場合、キャンセルはできません。
受講予定者が参加できなくなった場合は、
代理の方が本セミナーに参加するか、
ご本人もしくは別の方が他のセミナーに振替え参加をお願いいたします。

【一 般】
50,000円
【コンテク会員】 >>コンテク会員とは
45,000円
※宿泊される方は各自ホテルをご予約下さい。


対象者

建設業(土木、建築、空調、衛生、電気、プラント各技術者)の入社2~7年目程度


講師

三浦 規義 岡本 浩二
清水建設株式会社西東京営業所にて、建築現場施工管理に従事し、東京都庁議会棟、JRセントラルタワーズ等大型工事に参画。 施工計画、生産設計、施工管理を工区責任者として経験する。 2000年より技術コンサルティング業務を開始。コンサルティング実績は200件を超える。1級建築士、1級建築施工管理技士。 大手ゼネコン勤務経験があり、豊富な現場経験や知識をもとに現場に即した講演を行う。意味のある朝礼、KY活動を推進しており、その一味違う現場は職人からも信頼されている。 土木、建築、管工事3種類の1級施工管理技士資格を持ち、各現場の経験もある実力派講師。

 


■普段できないことができて、時間を作り出すことができるようになった。施工管理の仕方、建て方を学びとても現場に生かせる講習であった。ぜひ、後輩に設けさせたいと思った。真面目な話だけでなく、くだけた話もあったのでとても身になった。

■やはり工程を管理するにも、職人・職長・監督さんと信頼関係が必要になるわけで、愛のある工程表を作るということが大変参考になりました。ありがとうございました。

■普段の業務上必要な基礎知識を、会社ではなかなか教えてもらえないため、いい勉強になりました。 他社の同年代の人がどのような業務をしているかなど知る機会はあまりないため、良い刺激になりました。

■工程の進め方など、現場での悩みを解決するヒントをいただきました。安全掲示板や安全作業指示書は今後参考にしたいです。


FAXでお申し込みの方は →申込用紙(PDF)をダウンロードする