①「WEBマネジメント」

1.「WEBマネジメント」

WEBを活用して業績を上げたいというお問い合わせが増えてきました。特に建設業は、アマゾンや楽天で扱っている商品と異なり、一品の価格が100万円、200万円と高額ですからWEBを活用して、すぐに売り上げが上がるというものではありません。

しかし、営業マン一人を採用し、年間500万円の給料を支払うとしたら営業マンの能力にもよりますが、WEB500万円を投資した方が成果が上がる確率が高いと言われています。

そこで私は、WEBを活用して、業績を上げている企業を調査しました。その結果、わかったことがあります。それは、業績を上げている会社は「WEBマネジメント」を実践しているということです。

WEBマネジメント」とは、WEBをテーマにしてPDCAサイクルを回すことです。

具体的には次の通りです。

P計画

WEBを活用する目的、WEBを活用して何を目指すのか(目標)、

そしてその目的、目標を達成するために実際に何を行うのか(行動計画)、

を立案することです。

目標とは受注金額や問い合わせ数、さらには、ページビュー数、滞在時間などです。

D実施

行動計画に基づいて実践することです。

例えば、

・ホームページを作成する

・ブログ、メールマガジン、ツイッター、フェイスブック

などの「誘導ツール」を計画することです。

C点検

目標や、行動計画通りに実践できているかを点検します。

例えばホームページであれば

・どんなキーワードで検索されているのか

・どのページを何人が、見ているか

・一人が平均どの程度の時間、そのページを見ているか

・そのから問い合わせ、申し込みに、どの程度到達しているのか

などの分析をします。

グーグルアナリティクスを利用すると無料で分析できます。

A改善

データ分析の結果、

・広告戦略、SEO対策の見直し

・ホームページそのものの見直し

・誘導ツール(ブログ、メールマガジン、ツイッター、

フェイスブック)の内容、頻度の見直し

などの改善を行い、当初プランのブラッシュアップを行います。

これらPDCAサイクルをコツコツ回している会社は間違いなくWEBを活用して成果を上げています。

しかし、ホームページ制作会社に丸投げして体裁を整えただけの会社は、成果をあげていません。またその内容は、パンフレットと同じ内容が書かれているだけにすぎないことも多いです。

以下のページに、さらに詳しく書いていますのでご覧ください。


★「建設業WEB活用研究会」

建設業でWEBを活用して成果を上げている事例を紹介しています。

https://www.facebook.com/kensetsu.web

②「アクセス分析」


WEB活用について詳しくはこちら