儲かるISO ISOシステム構築

建設業ISO 事務局代行サービス

事務代行サービス サポートメニュー料金表はこちら

建設業で“儲かるISO”を構築するためには

「ISO認証取得しても、書類が増えただけで何もいいことがない」
「審査の前に、担当者が書類を作成しているだけで、他の社員は、ISOに全く関与していない」
そしてついには
「こんなISOはもう止めたい」
ISO認証取得企業より、こんな声が聞こえます。

ところが一方で、
「ISOを構築し運用することで、社員が育ち、お客様の評価があがった」
「ISOをきちんと運用することで、原価が下がった」
という会社もあります。

両者はどう違うのだろう、と調査しつくした結果、“儲かるISO” 5つのポイントを作成しました。

“儲かるISO”5つのポイント

ポイント1
目標管理

目的、目標、実施計画を明確に定めることで、ISOを運用することで業績を上げることができます。

  【目的】
できるだけ大きい方がいい
他人の幸せの方の力がでる
【目標】
定量化すること
【実施計画】
数値を用いて記載する方が、
達成率が高くなる
個人
家族、仲間の幸せ 体重5㎏減 毎日5㎞歩く
品質 顧客満足の向上 規格値±85% 検査回数を2回とする
環境 地球資源の保全 産業廃棄物10%削減 5種類の分別の実施
安全 家族の幸せ ヒヤリハット5件/日 毎日17時よりヒヤリハットミーティングを行う

ポイント2
5Sと報連相

仕事の基本である報連相(報告、連絡、相談)と5S(整理、整頓、清掃、清潔、躾)。
これは、ISOの基本でもあります。

ISO9001 5.5.3には内部コミュニケーションという要求事項があります。これは、報連相(報告、連絡、相談)の実践のことです。

  誰に対して 何を伝えるのか
報告
指示・命令・依頼を
した人に対して
【義務的コミュニケーション】指示・命令・依頼への返答
連絡 関係者全員 【自主的コミュニケーション】相手に伝えたほうが良いと思うこと
相談 報告、連絡をしている間柄 【相互信頼的コミュニケーション】自分が聞いて欲しいと思うこと

ISO9001 6.4には作業環境という要求事項があります。5Sの徹底も、この要求事項に含まれます。

5S 意味、内容
1S整理 要るものと要らないものをわけて、要らないものを捨てること
2S整頓
要るものがすぐに取り出せるようにする
3S清掃 掃除+気配り(設備や道具の点検も同時に行う)
4S清潔 1S整理、2S整頓、3S清潔のルールを作り、徹底して実施する
5S躾 ルールを強制し、習慣化させる

報連相、5Sが十分に行われていない状態で、ISOを運用してもうまくいきません。まずは報連相、5Sの徹底を行いましょう。内部監査でも、報連相、5Sが不十分だと「不適合」として指摘することが必要です。


ポイント3
儲かる不適合

手順書と現実との差のみを「不適合」として認識しても、「儲かるISO」にはなりません。
「これはおかしい」「これでは儲からない」と気づく習慣を身につけるためには、「儲かる不適合」を定義しておく必要があります。次に「儲かる不適合」の事例を紹介します。

内容 項目
(ISO9001)
儲かる不適合
下記の状況が見受けられたら不適合とする
どうすればよいか
目標管理
5.4 目標のレベルが甘すぎる、
もしくは辛すぎる
目標レベルはやる気の源泉で
あるので適切なレベルの目標にする
教育 6.2
計画された教育を実施しても
目標達成につながらない
事例:マンネリ化した教育の実施
すべての活動は、目標を達成する
事につなげるためのものである
事例:目標達成のためのスキルを
上げるための教育の実施
顧客対応 7.2
顕在化した要望(ニーズ)のみで、
顧客の潜在化した欲求(ウォンツ)
を把握していない
事例:図面(ニーズ)通りの施工をする
顕在化した要望(ニーズ)だけでなく、
潜在化した欲求(ウォンツ)を
把握しなければ、受注は増えない
事例:図面(ニーズ)通りだけでなく、
創意工夫(ウォンツ)を実施している
施工管理 7.5
現場のムダ・ムリ・ムラ

事例:現場の5S(整理、整頓、清掃、
清潔、躾)が不十分である
現場のムダ・ムリ・ムラは
原価アップの最大要因である
事例:5Sを徹底して実践している

報連相、5Sが十分に行われていない状態で、ISOを運用してもうまくいきません。まずは報連相、5Sの徹底を行いましょう。内部監査でも、報連相、5Sが不十分だと「不適合」として指摘することが必要です。

ポイント4
顧客満足

お客様が満足しているかどうかを徹底調査し、お客様の満足を超える感動を生み出す。

顧客満足の監視
(ISO9001 8.2.1)
どうなるか
不満足|事前期待>事後評価 お客様の期待を満たしていないので、不満足になり、お客様は離れる。
満足|事前期待=事後評価
お客様の期待通りの評価であるので、満足である。
ただし、普通のサービスに終始すると浮気をされる恐れがある。
感動|事前期待<事後評価 お客様の期待を超える評価を得ることができると、感動を与えることが
できる。感動したお客様は、リピーターとなったり、別のお客様を
紹介していただけるようになる。

ポイント5
是正、予防処置

これを読んでいただいている皆さんご自身に質問です。
皆さんは,以下のA、B、Cのどのタイプにあたるでしょうか。

A 問題が発生しても、対策を考えない幹部、社員
B 問題が発生してから、対策を考える幹部、社員
C 問題が発生する前から、対策を考えている幹部、社員

Aの方は、問題外です。もしもこのような方が、幹部社員であれば、それは幹部でなく会社の患部です。
Bの方は、「是正処置(再発防止処置)」を実行している方です。一度犯したミスを二度と起こさないと決意している方です。
Cの方は、「予防処置(未然に問題の発生を防止する)」を実行している方です。常に危機感を持っており、早め早めに手を打つ方です。

いうまでもなく、Cの予防処置を実行している方がベストです。会社にとっての財(たから)である人財です。

しかし、現実には、1年間に一度も予防処置を立案していない経営幹部がいます。私は、そのような危機感のない幹部は存在そのものが「不適合」だと考えます。目の前のことに追われるばかりでなく、自社の行く末を案じ、早期に対応策を考え、討議し、社員さんを巻き込み、実行に移していく幹部がいなければ、会社の存続はありえません。

予防処置こそが、ISOの本質であると心得てください。

以上を踏まえて、弊社では、お客様のISO運用環境をより良くするためのサポートを行います。

※詳しくは、【儲かるISO無料ノウハウ集】をご覧ください!

セミナー情報 ISO推進フォーラム名古屋 ISO活用研究会 書籍販売 儲かるISO無料ノウハウ集

お問合わせ

事務代行サービス サポートメニュー料金表はこちら

社長ブログ

建設経営者倶楽部KKC

ISO推進フォーラム