2011年9月9日NO408今週の1冊「「儲かる仕組み」をつくりなさい」

 

*******************************************************
■〔1〕今週の1冊
*******************************************************

■今週は
今週は
「「儲かる仕組み」をつくりなさい」
小山昇著 
http://astore.amazon.co.jp/hatacon0919-22 

です。

■「売り上げが伸びない」「利益が上がらない」と
嘆く社長がいるなかで、業績を伸ばし続けている会社が
あります。

そんな会社は「儲かる仕組みがある」と著者は言います。
本書で紹介されている儲かる仕組みとは
次のようなものです。
*****************************************
社長が課長職以上は2か月に1度、酒を飲む
社長が中途入社社員、新入社員と6か月に1回飲み会をする
役員は4か月に1回、銀行訪問する
勉強会の参加状況を社員の賞与評価に反省させる
社内の清掃状況を賞与評価に反映させる
社員旅行に出欠は賞与評価に反映させる
課長職以上は年に一度9日間連続有給休暇を取る
(仕事を強制的に離れさせることで部下が育つ)
社内の序列(役職)は全社員参加の投票で決める
賞与は現金を手渡しする

年間スケジュールを共有する
社内ベンチマーキングで全営業所を視察する
クレームの電話があれば、担当者に5分毎メールを入れる
管理者は「人の管理」でなく「仕事の管理」をする
管理職を公募する
新卒社員はドラフト制で配属先を決める
「サンクスカード」に感謝のメッセージを書く
毎年長期経営計画を作成する

経営計画は業績の良い会社のまねをする
2年で人事異動させることでマニュアル、標準化を進める
個人専用の机をなくす
経理データを緻密にすることで不正を早期に発見する
**********************************************

私がもっとも腑に落ちたのは
「人に仕事をつけず、仕事に人をつけよ」
という部分です。

例えば、朝6:20名古屋発東京行きの新幹線は
誰が運転しようと、時刻通りに出発し、時刻通りに
到着します。

運転手が変わると乗り心地が異なるようですと
「人に仕事がついている」ということですが
誰が運転しようと変わらないと
「仕事に人がついている」
ということです。

そうすると、問題があれば
「人を改善」するのではなく、「仕事を改善」
すればよいことになります。

社内で同じような問題が繰り返し生じているような
企業経営者、幹部にはお勧めの1冊です。

第1章 人材育成のための仕組みづくり
第2章 円滑な組織運営のための仕組みづくり
第3章 強い経営、強い組織のための仕組みづくり
第4章 効果的なIT活用のための仕組みづくり

******************************************************
■〔2〕【編集後記】
******************************************************

昨日は、大阪にて女性活用セミナーを受講してきました。
http://www.natural-link.jp/

そこで気づいたこと

1 そっけないメールを送らない(そっけないメールは特に女性は嫌がります)
2 高い評価より早い評価を(素早い反応に女性は敏感です)
3 大げさにほめる(褒められて喜ばない女性はいません)

本日より実践します。
**************************************************************
【発行】ハタ コンサルタント株式会社 代表取締役 降籏 達生
【所在地】名古屋市中村区名駅4-2-28 名古屋第2埼玉ビル
【電話】052-533-9688 【FAX】052-533-9689
【ホームページ】http://www.hata-web.com/
【作者に直接メールする】furuhata@hata-web.com
【 配信中止はこちら】http://www.hata-web.com/mail.html
**************************************************************