2011年9月12日 NO409「WEBマネジメント その3」

 

***************************************************************
■〔1〕「WEBマネジメント その3」
***************************************************************

お世話になっている皆様

いつもありがとうございます。

ハタ コンサルタント株式会社,
株式会社関西テクノファ 降籏です。

■9月6日に、WEBを活用して業績を上げる手法として
「WEBマネジメント その2」 と題して、記載しました。

読み過ごした方はこちら↓
http://www.hata-web.com/wp/?p=808

■今回は、その3として
アクセス分析の詳細を記載します。

■アクセス分析の基本的な流れは次のとおりです。

1アクセス分析して問題点を抽出する
  例;トップページの直帰率(読者がすぐにそのページから
    別のページに離れてしまう割合)が高い

2改善案をだす
  例;トップページのキャッチコピーが悪い?

3改善をする
  例;トップページのキャッチコピーを変える

4再びアクセス分析をする
  例;直帰率の変化を見る(下がって入れはOK
    上がっていれば、さらに改善)

■では、アクセス分析の詳細です。

ホームページの目的は、資料請求や、
問い合わせなどのコンバージョン(申し込み)を
増やすことです。

トップページから、申し込みにいたる経緯は
次のようになります。

トップページへの1か月のアクセス数 10,000件

↓20%

商品説明ページに移行 2,000件

↓5%

資料請求申し込みページに移行 100件

↓25%

資料請求ボタンをクリック! 25件

■これに対して、商品説明ページから資料請求申し込みページへ
進むユーザーを、工夫をすることで
5%から10%に増やすことができたとします。

そうすると資料請求は25件から50件に
増えることになります。

■商品説明ページから資料請求申し込みページに
進まない原因と対策は次のようです。

自社に来てほしい人がアクセスしていない → 検索キーワードの見直し

商品説明ページの魅力がない → ユーザー目線で作り変える

資料請求の仕方がわかりにくい → 資料請求ボタンを大きくする


このように一つづつ対策を打っていくことで
最終目標を達成することができるのです。

■アクセス分析のポイントは次3つです

1興味を持つユーザーを集める
  →直帰率(すぐに離れてしまう人の割合)が高いページの直帰率を下げる

2欲しい!という欲望が湧くページを作る
  →リピーター(繰り返し同じページを見てくれる人)が
   少ないページのリピート率を増やす
  →滞在時間(そのページを見てくれている時間)が
   短いページの滞在時間を増やす

3行動を起こしやすくする
  →資料請求ページに行きやすくする
  →資料請求ボタンを押しやすくする


■上記直帰率、リピーター数、滞在時間等の
WEB関連用語の解説は
いずれも前回に書きました

前回のメルマガはこちら
http://www.hata-web.com/wp/?p=808

いずれの数値も「グーグルアナリティクス」にて
リアルタイムで知ることができます。

アクセス分析をすることで
よい論理的にホームページの見直しを進めましょう。

*******************************************************
■〔2〕【編集後記】
*******************************************************

フェイスブックで高校の同窓会を呼びかけたところ
32年ぶりの開催にもかかわらず130名の参加を
得ることができました。

おそるべしフェイスブック!

**************************************************************
【発行】ハタ コンサルタント株式会社 代表取締役 降籏 達生
【所在地】名古屋市中村区名駅4-2-28 名古屋第2埼玉ビル
【電話】052-533-9688 【FAX】052-533-9689
【ホームページ】http://www.hata-web.com/
【作者に直接メールする】furuhata@hata-web.com
【 配信中止はこちら】http://www.hata-web.com/mail.html
**************************************************************