2011年8月8日NO399「時間をマネジメントする」

 

***************************************************************
■〔1〕「時間をマネジメントする」
***************************************************************

お世話になっている皆様

いつもありがとうございます。

ハタ コンサルタント株式会社,
株式会社関西テクノファ 降籏です。

■「時間がない」「忙しい」という人が
多いです。

しかし
「急ぎの仕事は忙しい人に頼め」
という言葉があるくらいですので、
を時間の工夫することは可能です。

つまり、全員に等しく24時間が与えられているので
「時間がない」という人は時間をマネジメントできて
いないだけなのです。

■時間をマネジメントしている5つの事例を
紹介します。

■1)朝一番をマネジメントする

早起きは三文の得といいますが
朝の時間帯がいちばん脳が活性化しており
能率よく仕事をこなせます。

ある実験によると、メールの処理は
夜より朝の方が1.5倍速いという結果がでています。

私は毎朝4時から5時に起きます。

COCO壱番屋の創業者宗次徳二さんの早起き実践三カ条
には次のように書かれています。

「毎日同時刻に起きるべし」
「毎朝何があっても起きるべし」
「起きたらすぐ行動すべし」

これを知ってからは、休日であろうと
前日遅くまで起きていたとしても
4時台に起きることを習慣化させました。

朝早くメールを打つと、すぐに返信が来る方がいます。
そうすると二、三度のやりとりで一仕事が終わってしまうのです。

■2)昼食をマネジメントする

昼食をしながら仕事のうちあわせをすることを
「パワーランチ」といいます。
11時や13時から打ち合わせをするのなら、
12時から食事をしながら打ち合わせをすればいいのです。

仕事の話ができますし、なによりその方との
距離を縮めることができます。

昼食は、できるだけ毎回違う人と食べるとよいでしょう。
また引き合わせたい二人を誘って
紹介するということもできます。

パワーブレックファーストは、朝が苦手な人には敬遠されますし
ディナーは長い時間拘束されるというデメリットがあります。
その点、パワーランチはお勧めです。


■3)読書をマネジメントする

忙しくて本を読むことができないという人には
三上の読書がお勧めです。

枕上(寝る前の読書)、馬上(車上の読書)、
厠上(トイレ・タイムの読書)です。

陽明学の安岡正篤先生は、寝食以外は限り無く学問に打ち込み、
人と語り続けた方です。
現在の「平成」という言葉を、天皇へ上申した方でもあります。

その安岡先生は、「三上の読書」をそれぞれに、
一日5分づつせよと言っています。
すると一日15分、一月450分(7時間半)になります。

文字の少ない文庫本なら、2冊は十分読める時間です。
これを12ヶ月で、24冊。10年で240冊になります。

先人も、偉人も、寸暇(寸陰)を利用して、
読書を大事にしたのでしょう。


■4)掃除をマネジメントする

毎日行うことが大切です。
毎日30分やろうと思うと続きませんから
毎日10秒でもOKです。

掃除=快感
ですからその後の仕事がはかどることは
間違いありません。

毎月1回はボランティア清掃をお勧めします。
無心になって、公衆トイレなどを掃除すると
私心や私欲などの心の中の雑草が抜けていくように感じます。

そうすれば、心をリセットでき、清い心で次の1か月を
過ごすことができるようになります。

NPO法人日本を美しくする会が全国各地で行っている
街頭清掃、学校清掃は特にお勧めです。

■5)捨てるものをマネジメントする

整理、整頓、清掃で捨てるものは物だけではありません。
各年代ごと捨てるものがあります。

20歳代は、先入観や既成概念を捨て、仕事や興味の
幅を広げることが大切です。

30歳代は、得意分野、得意技を絞り込み、
そこに集中して力を注ぐことが大切です。

40歳代は、部下や周りの人に見られている年代ですから
私欲を捨て、仕事にまい進すべきでしょう。

50歳代は、仕事を次世代につなげていくために
個人の手柄を捨て、引き継いでいくべきでしょう。

捨てることで時間が生まれ、生産性が高まるのです。


■「忙しい」とは心を失うと書きます。
この言葉を使わず、一度しかない人生の限られた時間を
有効に使いましょう。


*******************************************************
■〔2〕【編集後記】
*******************************************************

現在新しい書籍を発刊する準備をしています。

「マネジメントの流儀」という書名で
9月初旬発行予定です。
現在校正をしています。

これがなかなかたいへんなのですが
時間をマネジメントしてがんばります!


配信数 まぐまぐ;2182、自社配信;3628+851 合計;6661
**************************************************************
【発行】ハタ コンサルタント株式会社 代表取締役 降籏 達生
【所在地】名古屋市中村区名駅4-2-28 名古屋第2埼玉ビル
【電話】052-533-9688 【FAX】052-533-9689
【ホームページ】http://www.hata-web.com/
【作者に直接メールする】furuhata@hata-web.com
【 配信中止はこちら】http://www.hata-web.com/mail.html
**************************************************************