2011年11月28日 NO431「知覧にて」

 

■〔1〕本文「知覧にて」

■〔2〕セミナー案内

★「思うは招く」 ~夢があればなんでもできる~
株式会社植松電機 専務取締役 植松 努 氏講演会
2011年12月8日(木) 14:00~18:00
会 場 ウインクあいち[愛知県産業労働センター]*名古屋駅より徒歩5分
対象者、経営者、後継経営者、将来経営者になる予定の方
費 用 5,000円

詳しくはコチラ↓
http://www.hata-web.com/wp/?p=741

★「営業力で勝つ」組織はこうして作る
12月20日火曜日 18:30~20:45
名古屋 ウインクあいちにて開催
積水ハウスの元日本一支店長が語る
営業で勝つ組織の作り方
・イベントでいかにして集客するか
・いかにして営業マンのモチベーションをあげるか

詳しくはコチラ↓
http://www.hata-web.com/wp/?p=1146

■〔3〕編集後記

***************************************************************
■〔1〕「知覧にて」
***************************************************************

お世話になっている皆様

いつもありがとうございます。

ハタ コンサルタント株式会社,
株式会社関西テクノファ 降籏です。

■鹿児島空港に着き、バスに乗りました。
隣に座っている方から、
「鹿児島県民は西郷隆盛の写真を家に貼っている」
「カルカンは自然薯から作るんだ」
「焼酎は「芋」しかだめだ」
という話を聞きながら1時間30分経つと
知覧に着きました。


■昭和20年3月26日から7月19日の間に
1036人の方が、特攻隊として沖縄の海に
命を落としました。
その半数が知覧飛行場から飛び立ち
そしてその多くが、20歳前後の若者です。

知覧特攻平和会館には写真、遺書などの
遺品約4,500点、特攻隊員の遺影1,036柱などが
展示されています。

■展示されている遺書には、母親や兄弟姉妹への
思いがつづられていました。

達筆な遺書の前で、ハンカチで涙をぬぐう人が
立ち止まって動きません。

「父上様、母上様、永い間待ちに待った日が
いよいよ参りました。
正巳は此度、皇国の為、立派に死ぬ機会を得ました。

(中略)

もう内地では桜も咲いて居る事と思います。
櫻のように潔く散ります」
(19歳 少尉)

■小さな子供と奥様を残して飛び立った方も
います。

「父は姿こそ見えざるも、いつまでも
お前たちを見ている。
よくお母さんの言いつけを守って、
お母さんに心配をかけないようにしなさい。

(中略)

お父さんは「正憲」「紀代子」のお馬には
なれませんけれども、二人なかよくしなさいよ」
(29歳 中佐 5歳と3歳の幼児への遺書)

お馬という表現が涙を誘います。

■特攻隊員の方々に共通して感じるのは
自分の命を捨ててでも
親、兄弟、そして祖国を守りたいという強い気持ちです。

自分たちがここで命を捨て日本を守れば、
残った人たちが、日本再建のために
がんばってくれるに違いない。
という強い期待です。

「何を惜しまん
君が御盾となれる我は
五尺の身 粉になるとも」
(特攻隊員)

■「特攻の母」と呼ばれ、特攻隊員に
食事を提供しながら相談相手にもなったという鳥濱トメさんは
次のように書かれています。

「宮川三郎さんは、出撃の前夜、わたくしのところに
挨拶に来られ、

「明日わたしは沖縄に行き、敵艦をやっつけてくるから
帰ってきたときには、宮川、帰ってきたかと喜んでください」

というので、

「どんなにして帰ってくるの?」と尋ねたら
「ホタルになって帰ってくる」と言うのです。

そしたら、約束の時間にホタルがやってきたんです。
富屋食堂の裏に小川が流れていたのですが
そこに、一匹の大きなホタルがやってきて
白い花にとまったのです。

本当に大きなホタルでした。
思わずみんなに、
「このホタルは、宮川サブちゃんですよ」
と言ったんです。

そして、みんなでそのホタルを見ながら
『同期の桜』を歌いました」


■若者を特攻隊という形で死に追いやった組織や
体制にはもちろん問題があります。

ただし、両親や家族、そして後世の国民を
身を捨ててでも守ろうとする「仁」の
気持ちは忘れてはいけないと感じます。

**************************************************
[2]セミナー案内                    
**************************************************

★「思うは招く」 ~夢があればなんでもできる~
 株式会社植松電機 専務取締役 植松 努 氏講演会

http://www.hata-web.com/wp/?p=741

人口1万2000人の北海道赤平市。
そこにある社員数10人の小さな会社「植松電機」が作った
全長5メートルのロケットが宇宙へ飛び立った。

本業は建設機械に取り付ける特殊マグネット装置の
製造、販売。
専務取締役を務める植松努氏は、
「『どうせ無理』、この言葉ほど人の心を、
特に子供の心を殺してしまう一言はない。

未来を担う子供たちのために『どうせ無理』を世の中からなくしたい」と話す。

自身の夢を込めたロケット事業。諦めなかった
“ひたむきな心”が不可能を可能にした。


講師プロフィール

株式会社植松電機 専務取締役 植松 努 氏

1966(昭和41)年北海道芦別市生まれ。89年北見工大応用機械工学科卒業後、菱
友計算株式会社航空宇宙統括部に入社。94年5月同社を退社し、植松電機入社。
98年コンクリートリサイクルに関する特許を取得。99年株式会社法人へ改組とと
もに専務取締役に就任。バッテリー式マグネットでトップシェアを獲得。2004年
宇宙開発事業に着手。06年民間宇宙開発企業のカイムスペースワークスを設立
し、代表取締役社長に就任。翌年全長5メートルのロケット打ち上げに成功した。
著書に『NASAより宇宙に近い町工場』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)。

KKC12月例会 概要

日 程
2011年12月8日(木) 14:00~18:00

会 場
ウインクあいち[愛知県産業労働センター] 9階 901大会議室
(名古屋市中村区名駅4-4-38) *名古屋駅より徒歩5分
会場TEL.052-571-6131

対象者
経営者、後継経営者、将来経営者になる予定の方

費 用
5,000円(KKC会員は無料)

お申し込みはこちら
 http://www.hata-web.com/wp/?p=741

*******************************************************
■〔3〕【編集後記】
*******************************************************

最新刊「マネジメントの流儀」販売キャンペーンは
おかげさまで申し込みが殺到しています。
ありがとうございます。

そのため書籍の発送が遅れています。

申し訳ありませんが、順次作業をしておりますので
到着を楽しみにお待ちください。

「マネジメントの流儀」購入お申し込みはこちら↓
http://www.hata-web.com/syoseki/20111125.html


**************************************************************
【発行】ハタ コンサルタント株式会社 代表取締役 降籏 達生
【所在地】名古屋市中村区名駅4-2-28 名古屋第2埼玉ビル
【電話】052-533-9688 【FAX】052-533-9689
【ホームページ】http://www.hata-web.com/
【作者に直接メールする】furuhata@hata-web.com
**************************************************************