2011年11月14日 NO427 【月曜版】「効果の不確実な技術提案の書き方」

 

***************************************************************
■〔1〕「効果の不確実な技術提案の書き方」
***************************************************************

お世話になっている皆様

いつもありがとうございます。

ハタ コンサルタント株式会社,
株式会社関西テクノファ 降籏です。

■岐阜県大垣市の未来工業は
「改善提案」を活用して業績を伸ばしています。

未来工業は「常に考える」を会社の共通認識とし
商品の仕様を常に「改善」し、顧客のニーズに
合った商品づくりをしています。

その結果、コンセントボックスのシェアは
業界トップで、大手メーカーを引き離しています。

■ハタ コンサルタント株式会社も
今年10月より「改善提案制度」を設立しました。
未来工業にならい、報奨金制度も設けました。

改善提案の月次報酬
(提案の質に応じて支払われる)

1級 95点以上 3万円
2級 85点以上 2万円
3級 75点以上 1万円
4級 65点以上 5千円
5級 55点以上 1千円
参加賞    500円

改善提案の年次報奨
(年間の提案件数に応じて支払われる)

20~29件 5千円
30~39件 1万円
40~49件 2万円
50~99件 3万円
100~149件 7万円
150~199件 11万円
200件以上 15万円

未来工業では200件以上提案を出す人が
複数人数いるというので驚きです。

■さて月次報酬は「改善提案」の等級(質)に
応じて支払われます。
その判定は通常次の2つの要素を判断して
行います。

1 効果の大きさ(1~3点)
2 効果の確実性(1~3点)

■例えば、次のような事例があります。

コンセントボックスを壁に取り付ける時に
電気工がねじ止めします。
右手に、インパクトドライバー
左手に、コンセントボックスとねじを持ちます。

ところが、左手に持ったねじが不安定なため
落としてしまうことがあります。
そうすると作業性が低下するという問題がありました。

■そこで、コンセントボックスに突起をつけ
ねじが引っ掛かるようにしました。

その突起にねじをセットすると左手を
添える必要がないような「改善提案」を考案したのです。

この場合、
1 効果の大きさ(1~3点)

→1日当たりのコンセントボックス
設置個数が増えるので、効果大 →3点

2 効果の確実性(1~3点)

→コンセントボックスの突起に
ねじをセットすると、確実に保持されるため
確実性大 → 3点

総合評価 3点×3点=9点
となります。

■一方、次のような事例もあります。

資材の搬出入箇所で接触事故が頻発しました。
そこで、搬出入箇所の速度制限20?q/hとする
という「改善提案」が提出されました。

この場合、
1 効果の大きさ(1~3点)

→走行速度が落ちると
接触事故が減ることは予想されるが
それだけでは事故0にはならないので、効果中 →2点

2 効果の確実性(1~3点)

→速度20km/hが妥当なのか、10km/hが妥当なのかが不明で
確実性が不透明なので、確実性小 → 1点

総合評価 2点×1点=2点
となり、評価は低くなってしまいます。

■では効果が不確実な提案は、却下してしまっていいのか
提案の確実性を増加させる方法はないのか
と考えました。

そんな時に有効なのが、「PDCA提案」の手法です。

■これは、PDCAサイクルを回してさらに改善を進め
確実性を増加させるというものです。

Pプラン計画

→搬出入箇所の制限速度 20km/h とする

Dドゥ実施

→制限速度を関係者に周知させるため教育、看板設置する

Cチェック点検

→速度計で速度を測定する
→事故件数、ヒヤリハット件数を測定する

Aアクト改善

→速度超過車にはイエローカード、再発車にはレッドカードをだす。
→事故、ヒヤリハットが減少しておれば制度継続
 事故、ヒヤリハットが減少していなければ制度廃止

■建設業の事例ですと、鉄筋かぶり確保の提案があります。

Pプラン計画
→鉄筋かぶり精度を規格値の85%とする

Dドゥ実施
→スペーサーを基準の1.2倍の個数配置する

Cチェック点検
→打設直前まで「鉄筋かぶり探査棒」で計測する

Aアクト改善
→規定のかぶりが確保できていないときは、
コンクリート打設を中止する。
→スペーサー個数を、1.2倍から1.3倍に増やす

■PDCAの手法までを提案書で立案すれば、確実性がアップし
採用の道が開けます。

これは、建設工事の受注前の「技術提案」や
受注後の「創意工夫」でも活用できます。

確実性の低い提案は、「PDCA提案」で肉付けすると
評価がグッと上がります。

ぜひご活用ください。

**************************************************
[2]セミナー案内                    
**************************************************

★「思うは招く」 ~夢があればなんでもできる~
 株式会社植松電機 専務取締役 植松 努 氏講演会

http://www.hata-web.com/wp/?p=741

人口1万2000人の北海道赤平市。
そこにある社員数10人の小さな会社「植松電機」が作った
全長5メートルのロケットが宇宙へ飛び立った。

本業は建設機械に取り付ける特殊マグネット装置の
製造、販売。
専務取締役を務める植松努氏は、
「『どうせ無理』、この言葉ほど人の心を、
特に子供の心を殺してしまう一言はない。

未来を担う子供たちのために『どうせ無理』を世の中からなくしたい」と話す。

自身の夢を込めたロケット事業。諦めなかった
“ひたむきな心”が不可能を可能にした。


講師プロフィール

株式会社植松電機 専務取締役 植松 努 氏

1966(昭和41)年北海道芦別市生まれ。89年北見工大応用機械工学科卒業後、菱
友計算株式会社航空宇宙統括部に入社。94年5月同社を退社し、植松電機入社。
98年コンクリートリサイクルに関する特許を取得。99年株式会社法人へ改組とと
もに専務取締役に就任。バッテリー式マグネットでトップシェアを獲得。2004年
宇宙開発事業に着手。06年民間宇宙開発企業のカイムスペースワークスを設立
し、代表取締役社長に就任。翌年全長5メートルのロケット打ち上げに成功した。
著書に『NASAより宇宙に近い町工場』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)。

KKC12月例会 概要

日 程
2011年12月8日(木) 14:00~18:00

会 場
ウインクあいち[愛知県産業労働センター] 9階 901大会議室
(名古屋市中村区名駅4-4-38) *名古屋駅より徒歩5分
会場TEL.052-571-6131

対象者
経営者、後継経営者、将来経営者になる予定の方

費 用
5,000円(KKC会員は無料)

お申し込みはこちら
 http://www.hata-web.com/wp/?p=741

*******************************************************
■〔3〕【編集後記】
*******************************************************

きょうは、宮崎に来ています。
今夜、20年ぶりに友人に会いますので
楽しみです。

昨日、テレビでこんな場面を見ました。

釜石市在住の娘さんがお母さんに
「誕生日のお祝いに何が欲しい?」
そうすると、お母さんは
「お父さん。。。」

まだ、復興はこれからだと感じました。

**************************************************************
【発行】ハタ コンサルタント株式会社 代表取締役 降籏 達生
【所在地】名古屋市中村区名駅4-2-28 名古屋第2埼玉ビル
【電話】052-533-9688 【FAX】052-533-9689
【ホームページ】http://www.hata-web.com/
【作者に直接メールする】furuhata@hata-web.com
**************************************************************













メールマガジン登録内容の変更はこちらhttps://f.msgs.jp/webapp/form/15463_tww_1/index.do?s=27

メールマガジン登録解除はこちらhttps://f.msgs.jp/webapp/form/15463_tww_5/index.do?s=27