2011年10月24日 NO421「『ギリギリまで考える』と『ギリギリになって考える』は全く違う」

 

***************************************************************
■〔1〕「『ギリギリまで考える』と『ギリギリになって考える』は全く違う」
***************************************************************

お世話になっている皆様

いつもありがとうございます。

ハタ コンサルタント株式会社,
株式会社関西テクノファ 降籏です。

■先週まで、技術提案や創意工夫をするためには
「着眼点」を見つけることが重要であると書きました。

今週からは、「着眼点」が見つかってから、
その「着眼点」に対してどのような対策が良いかを
考える力「発想力」について考えてみましょう。

■現場技術者の仕事は「決断」することです。
現場で起こった、もしくは起こるであろう
様々な着眼点、課題に対して
自分の答えをだし、工事を進めていかなければなりません。

うまくいっている現場の責任者は
例外なく決断が早いです。
しかも「朝令暮改」もしばしばやります。
土壇場で方針や方向性を変えることに躊躇しません。
結果としてその決断が正解で
現場がうまくいくことが多いようです。

■逆に現場がうまくいっていない現場責任者の
決断が遅いのは、考え始めるのが遅いからです。
課題がみつかっても、しばらくは放置しています。
そして期限ギリギリになって、周りからせっつかれてから
ようやく検討を始めるのです。

決断には必ず期限があります。
いつまでも現場責任者が決断をしないと
現場は前に進むことができず、こう着状態に
なってしまいます。

しかも短い時間では頭の中で十分な
シミュレーションができないから
自信を持って判断が下せません。
かつ、考えが浅いので、正解を出す
確率が低く、失敗してしまうのです。

■一方、うまく現場を運営している現場責任者は
課題を見つけた時点から、すぐに考え始めます。
そして仮説を立て、解決策を立案し、どんどん
決断を下していきます。

また決断した後も、その決断に誤りがなかったかを
ギリギリまで考え抜きます。
一流の現場責任者に「朝令暮改」が多いのは
このためです。

■「朝令暮改」はよくないと言って
前言を翻すことに抵抗がある技術者もいます。

しかし早く考え始め、ギリギリまで考えた結果
方針や方向性を変えることは決して悪いことではなく
かえって正しいことだと思います。

■『ギリギリになって考える』のではなく
『ギリギリまで考える』習慣を身につけることで
課題解決のための「発想力」を高めることができるのです。

■しかし、自分はどうしても『ギリギリになって考える』のだ
という人もいることでしょう。

PFドラッカーは、成果をあげるためには、
次の5つの習慣を身につけよと言っています。

1 時間を管理する
2 貢献を重視する
3 自らの強みを知る、活かす
4 もっとも重要なことに集中する
5 成果のあがる意思決定をする

このうち特に
1 時間を管理する
4 もっとも重要なことに集中する
が重要です。

週間スケジュールを作成し、時間管理をすることで、
細切れの時間でなく、2時間単位のブロックを作り出します。

そして、その2時間は、一つのことを集中して考えることで
成果が上がります。


**************************************************
[2]セミナー案内                    
**************************************************
★建設業の女性力活用セミナー

 「男女の違いを知ると仕事はもっと面白くなる」
http://www.hata-web.com/wp/?p=970

女性の力は大きい!

今回は「男女の違いを知ると仕事はもっと面白くなる」をテーマとして、
男性・女性それぞれの得意分野・不得意分野を知り、
お互いに足りない部分を補い合っていくことで業務を円滑に進め、
さらには業績アップにつなげるという仕組みを学んでいきます。

講義内容

【第1部.男女の脳や視点の違いを理解する】
男性と女性では脳の構造や「働き方」への考えも大きく違います。
会社の中でも、上司の皆さんと女性社員さんが、
男女の違いを理解し、お互いを尊重しあえると、
仕事はもっと面白く楽しくなります。ワークショップ形式。

【第2部.自分の強みとタイプを知る】
女性をタイプ別に分け、自分がどのタイプか理解します。
自分の強みを知って、周囲から必要とされ、
自分自身もイキイキ働ける働き方のポイントを探ります。
ワークショップ形式。

【第3部.他社事例】
他社で女性活用を進めている企業事例や、
働く女性のロールモデルインタビューの事例などをお伝えしますので、
明日から実践できるヒントにしていただきます。

セミナー概要

開催日時
2011年11月18日(金) 13:00~16:00

開催場所
名古屋第二埼玉ビル 地下一階会議室
(名古屋市中村区名駅四丁目2番28号) 

ユニモール13番出口すぐ

 参加費
1,000円 (コンテク会員)
3,000円 (一般参加)

対象者
経営者、女性を部下に持つ管理者、女性社員

講師

株式会社ナチュラルリンク
代表取締役 片山 美菜子

1982年生まれ。2004年、大手人材教育・コンサルティング会社に入社。
成果「ゼロ」の営業マンから、3年後には3年連続トップセールス賞を受賞。
後進の営業パーソン育成に携わった後、
2009年10月株式会社ナチュラルリンク設立。
現在は、女性部下を持つ上司対象の女性マネジメントセミナー、
女性モチベーションアップセミナー等を企業に向けて開催。
男女の脳の違いをベースとしたカリキュラムは実践的で定評がある。
NHK「あさイチ」関西テレビ「スーパーニュースアンカー」、
EO光チャンネル出演。

詳しくはコチラ
http://www.hata-web.com/wp/?p=970


*******************************************************
■〔3〕【編集後記】
*******************************************************

昨日から高知に来ています。
久々にはりまや橋に行ってきました。
昨夜いただいた「鰹のたたき」は本州でいただくものとは
まるで別物でした。

本日は、高知で建設技術者向けに「技術提案ワンポイントコース」
を開催します。
がんばります!


**************************************************************
【発行】ハタ コンサルタント株式会社 代表取締役 降籏 達生
【所在地】名古屋市中村区名駅4-2-28 名古屋第2埼玉ビル
【電話】052-533-9688 【FAX】052-533-9689
【ホームページ】http://www.hata-web.com/
【作者に直接メールする】furuhata@hata-web.com
【 配信中止はこちら】http://www.hata-web.com/mail.html
**************************************************************