【がんばれ建設】NO607【建設技術】「現場代理人に必要な雑談力4」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
がんばれ建設
〜建設業専門の業績アップの秘策〜
作者;ハタ コンサルタント株式会社 降 籏 達 生
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■2013年9月9日
お世話になっている皆様。
いつもありがとうございます。
ハタ コンサルタント株式会社 降籏ふるはたです。
**************************************************
今日の一言
「雑談の達人はネタ帳を持っている」
**************************************************
9月号ビデオレターをアップいたしました。
http://www.youtube.com/watch?v=dv1FzQgYXzw
 
2020年東京オリンピック開催が決まりました。
日本を多くの国の方に知っていただくチャンスです。
「おもてなし」の精神でお迎えしたいと思います。
 
そのために、建設業界のできることは
災害に強く国土を作ることだす。
7年後までに、一人でも多くの若い人たちが
建設ものづくりにあこがれ、技術者、技能者とも
元気に活き活きと働ける業界にしたいと思います。
 
では本日のメインコンテンツに行ってみましょう。
**************************************************
「現場代理人に必要な雑談力4」
ネタ帳を持て
 
■技術提案 文章力、提案力強化合宿
9月19日(木)13時〜9月20日(金)15:00 名古屋開催
http://www.hata-web.com/wp/?p=2566&type=seminer
**************************************************
 
現場で評価の高い現場代理人は
雑談がうまい人が多いです。
 
現場をただ単にぶらぶら歩いているのではなく
職人さんと笑いながら話したり
近隣の方に声をかけられたり
お客様と真剣な話の時にも、和やかに話すことができる人です。
 
このような人は、雑談がきっかけとなって
お客様や協力会社の方、そして近隣住民と仲良くなり
その結果、工事をスムーズに進めることができるのです。
 
雑談をする能力のことを「雑談力」と呼びます。
 
「雑談力」を上げるためのポイントは次の3つです。
 
ポイント1.あいさつ+α
ポイント2.質問を使い分ける
ポイント3.木戸に立てかけし衣食住
 
雑談力第4回目として番外編「ネタ」のお話しです。
 
私は、学生時代お笑い文化の関西で育ちましたので
仲間同士でおもしろいネタを披露し合う環境でした。
 
関西では、頭が良い人より、スポーツができる人より
おもしろい人が女性にもてました。
だから必死におもしろくなろうと努力したものです。
 
「吉本新喜劇」や「漫才」を観て、おもしろいネタがあれば
「ネタ帳」に書き込みました。
他人が話したネタでも、それがおもしろいと
ネタ帳に書いて自分のものにするのです。
私はこれらは今でも続けていることです。
 
引退された島田紳助さんは「メモ魔」と言われるほど
なんでもメモをしてお笑いのネタにしていたそうです。
 
しかしネタがあってもそれを練り込まないと
おもしろく話せません
 
ネタをおもしろく話すための3つのポイントをご紹介します。
 
1)ネタは3人に話して聞かせる
ネタを仕入れたら、3人以上に話して聞かせるべき
 
2)話しているうちに徐々に話し方が上手くなる
人に話して聞かせると、その要点や話し方のポイントなどが
徐々に分かってきます。
そして3人に話し終えたころになると、
そのネタを面白くまた分かりやすく話すには
どう話せばいいかが自然と分かってくるのです。
 
3)話して聞かせているうち「引出し」に記憶される
実際に話しながら覚えたネタというものは、
必要なときにすぐに出てくるようになります。
話題の流れの中で自然とそのネタの出しどころや
タイミングが分かるのです。
 
私が学生時代に書いていたネタの一部を紹介します。
 
●「ドジな堤防の話知っているか?」
 
 
「ドテ」
 
●「威勢のいいヨットの話知ってるか?」
 
 
「あらヨット!」
 
●「開かずの小屋の話知ってるか」
 
 
「あっ、数の子や」
 
●「かつお風味の本だし(コマーシャルのふしで)」
 
 
「かつお風味の本棚」→「どんな本棚や」
 
 
「かつお風味のふんどし」→「・・・・・」
 
 
 
ここからは、大手ゼネコンS建設のIさんに
教えてもらった小ネタです。
 
● 日本語学校での外国人留学生への問題と回答。
問1  
「あたかも」を使って短文を作りなさい。
外国
「冷蔵庫に牛乳があったかも知れない」 
 
問2  
「どんより」を使って短文を作りなさい。
外国人
「僕はうどんよりそばが好きだ」
 
問3  
「もし~なら」を使って短文を作りなさい。
外国人
「もしもし、奈良県の人ですか?」
 
問4  
「まさか~ろう」を使って短文を作りなさい。
外国人 
「まさかりかついだ金たろう」
 
問5  
「うってかわって」を使って短文を作りなさい。 
外国人  
「彼は麻薬をうってかわってしまった」 
 
 
 
*************************************************
■9月号ビデオレターをアップいたしました。
今連載中の雑談力について話しました。
http://www.youtube.com/watch?v=dv1FzQgYXzw
 
■技術提案 文章力、提案力強化合宿
9月19日(木)13時〜9月20日(金)15:00 名古屋開催
http://www.hata-web.com/wp/?p=2566&type=seminer
 
■「建設業原価低減5つのポイント」ポスター
http://www.hata-web.com/poster/
 
会社や現場に張り出せば
社員さんや作業員さんの原価意識向上は間違いありません。
値段はA2サイズ1枚1,400円、A1サイズ1枚1,800円です。
 
■技術提案について動画で学べます。
国土交通省、各都道府県の書式で解説しています。
http://www.hata-web.com/video_list.html
 
*************************************************
【編集後記】
*************************************************
 
今週は大移動します。
 
愛知→宮城→静岡→大阪→東京→愛知
と動きます。
 
ずいぶん過ごしやすくなってきましたので
さらに気合いをいれてがんばります!
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【発行】ハタ コンサルタント株式会社 代表取締役 降籏 達生
【所在地】愛知県名古屋市中村区名駅4-2-28 名古屋第2埼玉ビル
【電話】052-533-9688 【FAX】052-533-9689
【ホームページ】http://www.hata-web.com/
【作者に直接メールする】furuhata@hata-web.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■