【がんばれ建設】NO592【建設技術】「くだらないことに時間とお金を費やせるか」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
がんばれ建設
~建設業専門の業績アップの秘策~
作者;ハタ コンサルタント株式会社 降 籏 達 生
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■2013年7月24日
お世話になっている皆様。
いつもありがとうございます。
ハタ コンサルタント株式会社 降籏ふるはたです。
**************************************************
今日の一言
「あそび心が成果を創り出す」
**************************************************
 
昨日は浜名湖に行ってきました。
暑い一日でしたが、水面にいると
一服の涼しさを感じました。
 
テレビ取材の依頼が来ました。
今後は何を話そうか、楽しみです。
建設業界のイメージアップにつながるような
話をしようと思います。
 
では本日のメインコンテンツに行ってみましょう。
**************************************************
「心熱き人とは5」
くだらないことに時間とお金を費やせるか
 
■建設技術者 ヒアリング対応力、プレゼン力強化合宿
8月27日(火)13:00~8月28日(水)15:00 名古屋開催
http://www.hata-web.com/wp/?p=2772&type=seminer
**************************************************
 
ここしばらく「心熱き人」とは
という内容で書いてます。
 
現場で働く人の中に「熱い」人と
「冷めている」人がいます。
また一見「熱い」のですが
おつきあいすると意外に冷めていたり
逆に「冷めている」ように見えて
実は秘めたる「熱意」を持っている人もいます。
 
稲盛和夫さんは、成果を出す人は
能力×熱意×考え方
が高い人だとおっしゃっています。
つまり「熱意」がある人でないと成果が出ないのです。
 
では、外面的にも内面的にも「熱き人」とは
どういう人でしょうか。
 
「熱き人の10箇条」を紹介します。
 
1.常に夢を語ることができる
2.一歩先へ、先進的でいようとする
3.時に、根拠のない自信が持てる
4.常識を尊重し、常識を超えている
5.優しくもあることができる
6.やるべきことに「できない」「難しい」と言わない
7.くだらないことに時間と金を費やすことができる
8.むやみに人と群れない
9.そのくせ、友達は多い
10.「闘い」のスイッチの入れ方を知っている
 
前回までに1~6の解説を書きました。
今回は7を解説をします。
 
7.くだらないことに時間と金を費やすことができる
 
先日、最高齢でエベレストを登頂した三浦雄一郎さんの
お話しです。
 
8500メートルの頂上直下で、お茶会をやった
というのです。
福寿園の抹茶、茶筅(ちゃせん)からお碗から茶を点てる道具、
虎屋の羊羹(ようかん)まで全部揃えて、
これから頂上へ行こうという時にテントの中で
お茶を点てたのです。
 
三浦さんは次のようにおっしゃっています。
 
「お茶を点てていただくと、不思議に心が落ち着く。
そして頂上に早く立ちたいとエキサイトしていた皆の心が、
すうっと静まっていった。
これから命懸けで臨もうとする
出陣前の儀式のようなものですね。
その結果、四人の心が一つになって。」
 
戦国武将も戦場でお茶を点てたといいますからね。
一見無駄かと思われていたものが、
こんなにも人の心を掴んだんですよ。
そういう試みが余裕を生んで
チーム力を高めたのでしょうね。」
 
では、どうすればそのような「あそび心」を
持つことができるのでしょうか。
 
1)プロセス主義になる
 
あそび心の乏しい人は概して
「人に認められなければ ならない」という考え方がつよいのです。
その結果、目標達成志向になり、脇目もふらず式になってしまい
燃え尽きてしまう人もいます。
 
私の例を挙げると
「後世に残るような立派な本を書かねばならない」
 と思うと筆がすすまないのです。
資料集めや文章表現に気を使いすぎて疲れてしまいます。
 
ところが
「好きなことを 好きなように書けばよい。
その結果、後世に残る本が書けたらそれにこしたことはない。
書くプロセスを楽しんだのだから、もとはとってある」 
 
と考え方を変えると、書くことが苦しくなくなります。
 
2)常識にとらわれない
 
自分は男だから・・、女だから・・、
大人だから・・・、技術者だから・・・、
仕事だから・・・、かっこわるいから・・・
というような常識にとらわれない瞬間を持つことが大切です。
慣習に縛られると、あるがままの自分に戻れず、
ありきたりの言動しかできなくなります。
 
そこでアーティストの精神をまねして、
それを実践することです。
アーティストは世間の常識に縛られず、
好きなヘアースタイルをするし、好きな服を着るし
ふるまいが自由です(そうではない芸能事務所もあるようですが)。
つまり あそび心があるのです。
 
人殺しと泥棒以外は何でもしてみようという
心意気があそび心のエッセンスであり
熱き心の源なのです。
 
*************************************************
■NPO法人建設経営者倶楽部KKC2013年8月例会
「トヨタ自動車に学ぶ建設業のカイゼン」
 ~トヨタ工場・トヨタ会館見学会~
http://kk-c.net/?p=1101
 
■建設技術者 ヒアリング対応力、プレゼン力強化合宿
8月27日(火)13:00~8月28日(水)15:00 名古屋開催
http://www.hata-web.com/wp/?p=2772&type=seminer
 
■技術提案 文章力、提案力強化合宿
9月19日(木)13時~9月20日(金)15:00 名古屋開催
http://www.hata-web.com/wp/?p=2566&type=seminer
 
■技術提案について動画で学べます。
国土交通省、各都道府県の書式で解説しています。
http://www.hata-web.com/video_list.html
 
 
*************************************************
【編集後記】
*************************************************
 
今日は、工事部長課長飛躍塾第2講。
一流の組織管理者として活躍していただけるよう
がんばります。
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【発行】ハタ コンサルタント株式会社 代表取締役 降籏 達生
【所在地】愛知県名古屋市中村区名駅4-2-28 名古屋第2埼玉ビル
【電話】052-533-9688 【FAX】052-533-9689
【ホームページ】http://www.hata-web.com/
【作者に直接メールする】furuhata@hata-web.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■