【がんばれ建設】NO513【今週のポイント】「スマホを活用した自己管理術」

■■がんばれ建設■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
がんばれ東北!がんばれ日本!
~建設業,ISO専門の業績アップの秘策~
作者;ハタ コンサルタント株式会社 降 籏 達 生
■■■■■■■■■■■■■■■■■2013年1月18日■■■■

お世話になっている皆様
いつもありがとうございます。
ハタ コンサルタント株式会社 降籏です。

■〔1〕本文「スマホを活用した自己管理術」

■〔2〕セミナー予定

■建設業新入社員研修 無料説明会 名古屋開催
http://www.hata-web.com/wp/?p=1395

■建設技術インストラクター養成セミナー
~社内技術インストラクターを養成する~東京、大阪開催
http://www.hata-web.com/wp/?p=2207

■〔3〕編集後記

***************************************************************
■〔1〕「スマホを活用した自己管理術」
***************************************************************
■欧米企業では、肥満体質の人は、幹部社員にはなれないと
いいます。
肥満体質の人は、自己管理できていないことが多いため
自己管理ができない人に、組織の管理はできないと
判断されるのです。

■マネジメントの権威であるP.F.ドラッカーが著した「経営者の条件」は
1966年に出版されたものが版を重ね、
2001年現在で第15版を発行するに至っています。

その中でドラッカーは自己管理(セルフマネジメント)について
次のように言っています。

「自らをマネジメントできない者が、部下や同僚を
マネジメントできるはずがない。
マネジメントとは、模範となることによって行うものである。
自らの仕事で収益を上げられない者は
悪しき手本になるだけである」

■自己管理とは、自らやるべきことを決め
日々進捗管理をしながら、改善しながらやりきることで
成果を上げることです。

例えば、
・1日の摂取カロリーを2000cal以内とする
・毎日はがきを1枚書く
・1週間に5冊の本を読む
・1日30分以上資格試験の勉強をする
・1日30分以上運動をする
・相手との約束を守る
・毎日決めた時刻に起床する
などと決め、毎日それを実施したかどうかを
確認し、できていなければ時間の使い方を
見直すということです。

■私もいろいろとやるべきことを決めるのですが
毎日の雑用に追われ、やりきれない日が続くことが
ありました。
そこで、スマホを活用して自己管理をしたところ
とてもうまくいっていますので、
ご紹介します。

■まずは、
Nozbe
http://www.nozbe.com/jp/
です。
これはいわゆるTODOリストです。
以前私は、付箋やノートに手書きをして
やるべきことを書き出していましたが
なかなかうまくいかず、やるべきことを
遅れてしまったり、忘れてしまったことが
多々ありました。

それを、Nozbeを用いて管理したところ
実にうまく行きます。
iPhone、アンドロイドにも対応しています。

■次に
Ritual
https://itunes.apple.com/jp/app/ritual-mochibeshonwo-baotte/id459092202?mt=8
です。
これは、iPhoneのみのようです。
毎日やるべきルーチンワークを登録し、
毎日チェックを入れたり、数値を入力する
というものです。
私は
体重、はがき、瞑想、運動、読書冊数、起床時刻などを
登録しています。
Ritual
による自己管理を始めてから
実にこれらを確実に実践することができるように
なりました。

■最後に
Evernote
http://evernote.com/intl/jp/
です。
これは有名なアプリですから詳細は省略しますが
書類、写真管理に割く時間が少なくなりました。
特に名刺管理はこのアプリだけで完璧です。

■スマホを利用されている方は
ぜひご活用ください。

**************************************************
■「建設業で本当にあった心温まる物語」大募集!

「建設業で本当にあった心温まる話」をとりまとめ、
建設業界のイメージアップを進めようと思います。
皆さんが体験したそんないい話を、ぜひお知らせください。
下記にはたくさんのいい話を掲載しています。
ぜひご覧ください。
http://www.facebook.com/kokoroatatamaru.kensetsugyou
**************************************************
■本メールマガジンの感想をお聞かせください。
フェイスブックページ「がんばれ建設」にて書き込めます。
皆さんの一声が私の命になります!
よろしくお願いします。
http://www.facebook.com/ganbare.kensetsu/posts/473008636088924
**************************************************
[2]セミナー案内
**************************************************
■技術提案「事後添削」33%オフ新春キャンペーン開催中!
http://www.hata-web.com/gijyutu.html

■技術提案の書き方についてのビデオレターを更新しました。
第8回は 受注に成功する!技術提案書の書き方8「鉄筋コンクリート3」
https://www.youtube.com/watch?v=fFwnZacWFUA

■降籏のビデオレター1月号 アップしています。
新年のご挨拶と主に、原価低減「ムダを省け」と題してお話ししています。
http://www.youtube.com/watch?v=_RR9lwA6oFw&list=UU2vQjSAszdj2LADcOIDTL_A&index=1

■建設業新入社員研修 無料説明会
開催日:2013年1月29日(火)、2月26日(火)
※内容は両日とも同じです。
時  間:18:30~20:30
名古屋開催
http://www.hata-web.com/wp/?p=1395

■社会に出たら思い通りにいかない現実や壁が必ずあります。
それを前向きにプラス思考で考えられる人財を
育てることがポイントです。
新入社員を儲けることができる戦闘集団に鍛え上げましょう!

建設業で新入社員を2か月で戦力にする方法!

~新入社員育成2か月コース 無料説明会~

新入社員を育てよう!!

新入社員を採用し、早期に戦力にすることは業績向上のポイントです。
しかし、新入社員のうち3年以内に33%が退社しており、会社によって
成長度に差があります。
そこで「建設業で新入社員を2か月で戦力にする方法」と題し、弊社
主催の「新入社員育成2か月コース」のカリキュラムの説明の共に、いか
にして新入社員を即戦力化するかについて共に学ぶ場を設けました。
ふるってご参加いただき、経営革新の一助としていただきますことを期待
します。

スケジュール
「新入社員、若手社員の抱える課題」
【1】社会人としての基本スキルが身についていない(対人関係、文章力)
【2】なかなか一人前にならない
【3】すぐに辞めてしまう、もしくはやる気を失う

「新入社員育成2か月コース」による解決策
4月開講の新入社員育成2か月コースはこちら
http://www.hata-web.com/wp/?p=287
【1】報連相、文献読書の課題を2か月間続ける
【2】現場技術を体系的に学ぶ
【3】同年代の仲間と、尊敬できる先輩(アドバイザー)と交流する

「新入社員育成2か月コース」研修カリキュラムの解説を行います。

新入社員育成2か月コース 無料説明会
●開催日:2013年1月29日(火)、2月26日(火)
※内容は両日とも同じです。
●時  間:18:30~20:30
http://www.hata-web.com/wp/?p=1395

●場  所:
2013年1月29日(火)
ウインクあいち 9階 904会議室
(名古屋市中村区名駅4-4-38)ユニモール5番出口 徒歩2分
名古屋駅桜通口よりミッドランドスクエア方面 徒歩5分
2013年2月26日(火)
名古屋国際センター 5階 第五会議室
(名古屋市中村区那古野一丁目47番1号)
地下鉄桜通線「国際センター」駅下車すぐ

●対象者:建設会社経営者、新入社員・若手社員の育成担当者
●参加費:無料

http://www.hata-web.com/wp/?p=1395

*******************************************************
■〔3〕【編集後記】
*******************************************************

今年に入ってからアマゾンのkindleを
購入しました。
すべての新刊本は登録されていませんが
かなりの量の書籍を通常価格の半額程度で購入することが
できます。

そしてなにより、本を置くスペースを
なくすことができること、
いつも本を3冊くらい持ち歩いていたのですが
kindleのみ持参すればよいことが
とても助かっています。
お勧めですよ。

**************************************************************
【発行】ハタ コンサルタント株式会社 代表取締役 降籏 達生
【所在地】名古屋市中村区名駅4-2-28 名古屋第2埼玉ビル
【電話】052-533-9688 【FAX】052-533-9689
【ホームページ】http://www.hata-web.com/
【作者に直接メールする】furuhata@hata-web.com
**************************************************************