【がんばれ建設】NO511【今週のポイント】「よい俳句を作る3つの条件」

■■がんばれ建設■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
~建設業専門の業績アップの秘訣~
作者;ハタ コンサルタント株式会社 降 籏 達 生
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■2013年1月11日

お世話になっている皆様
ハタ コンサルタント株式会社 降籏です。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

■〔1〕本文「よい俳句を作る3つの条件」

■〔2〕セミナー予定

■建設業新入社員研修 無料説明会
開催日:2013年1月29日(火)、2月26日(火)
※内容は両日とも同じです。
時  間:18:30~20:30
http://www.hata-web.com/wp/?p=1395

■技術提案「事後添削」33%オフ新春キャンペーン開催中!
あなたが作成された技術提案書を「事後添削」します。
1月1日から31日までの添削実施分に限り33%オフです。
申込締切1月24日です。
http://www.hata-web.com/gijyutu.html

■技術提案の書き方についてのビデオレターを更新しました。
第7回は、国土交通省 関東地方整備局の書き方 です。
http://www.youtube.com/watch?v=YrJUkJROdiI

★降籏のビデオレター1月号 アップしています。
新年のご挨拶と主に、原価低減「ムダを省け」と題してお話ししています。
http://www.youtube.com/watch?v=_RR9lwA6oFw&list=UU2vQjSAszdj2LADcOIDTL_A&index=1

■〔3〕編集後記

***************************************************************
■〔1〕「よい俳句を作る3つの条件」
***************************************************************
■新年を迎え、今年の目標を立てた方も多いことでしょう。
目標の中には、創造力や発想力を高めたい
ということをあげた方もいるかもしれません。

建設工事に関して技術提案を作成したり、
創意工夫をするということは
顧客や周辺の方々の「不」を知る創造力、
それを解決するアイデアを出す発想力がなければ
オリジナリティ高いものはできません。

■月刊「致知」2010年3月号に
「よい俳句を作る三つの条件」
と題して、編集長の藤尾秀昭さんが
が書かれていました。

以下に一部抜粋します。

■『よい俳句を作る三つの条件である。
どなたの言葉かは失念したが、初めて目にした時、
胸に深く響くものがあった。

その第一は、強く生きること。

強く生きるとは、「主体的に生きる」ということだろう。
状況に振り回されるのではなく、
状況をよりよく変えていく生き方である。
「覚悟を決めて生きる」と言い換えることもできよう。

一道をひらいた人は一様に、強く生きた人である。
例えば、江戸後期の儒者、頼山陽は十三歳の正月に、
こういう覚悟を決めている。

「十有三春秋 逝く者はすでに水の如し
天地始終なく 人生生死あり
いずくんぞ古人に類して千載青史に列するを得んや」

(もう十三歳になってしまった。
時間は流れる水のように過ぎていく。
天地には始めも終わりもないが、人間は必ず死ぬ。
どうしたら昔の偉い人と並んで
歴史にその名を留めることができるだろうか)

小卒で給仕から大学教授になった田中菊雄氏の言葉。

「一生の間にある連続した五年、本当に脇目もふらずに、
さながら憑かれた人のごとく一つの研究課題に自分のすべてを集中し、
全精力を一点に究める人があったら、その人は何者かになるだろう」

こういう信念、姿勢が、強く生きる人格のコア(核)になる。

第二は、深く見る。

強く生きることで初めて視点が定まり、深く見ることができる。
深く見るとは本質を見抜くことである。
状況を見抜くことでもある。ここに知恵が生まれる。

第三は、巧みに表す。

巧みに表すことは大事である。
分野を問わず、技術、技巧なくしてよいものは作れない。
だが、それだけではよいものは作れない。

強く生きる信念、深く見る姿勢があって、初めて技巧は生きてくる。

この三条件はそのまま、よい運をつかむ条件である。

「弱さと悪と愚かさとは互いに関連している。
けだし弱さとは一種の悪であって、弱き善人では駄目である」

哲学者、森信三師の言葉である。
運をつかむ道は人格陶冶の道であることを、哲人の言は教えている。』

■強く生きる、深く見る、巧みに表す

この3つはすなわち、独創性の高い技術提案書や
高い評価を得る工事を施工するにあたって
必要なことだと思います。

今日一日、明日がないと思い
やるべきことをやりきる姿勢

工事の動き、周辺や自然環境の状況、
顧客の真意を深く見て見抜く力

その上で、身についた技術力が
生きてくるのです。

■世の中に評価される工事を推進するために
心得たいことです。

**************************************************
■「建設業で本当にあった心温まる物語」大募集!

「建設業で本当にあった心温まる話」をとりまとめ、
建設業界のイメージアップを進めようと思います。
皆さんが体験したそんないい話を、ぜひお知らせください。
下記にはたくさんのいい話を掲載しています。
ぜひご覧ください。
http://www.facebook.com/kokoroatatamaru.kensetsugyou
**************************************************
■本メールマガジンの感想をお聞かせください。
フェイスブックページ「がんばれ建設」にて書き込めます。
皆さんの一声が私の命になります!
よろしくお願いします。
http://www.facebook.com/ganbare.kensetsu/posts/538753366148975
**************************************************
[2]セミナー案内
**************************************************
建設業新入社員研修 無料説明会
開催日:2013年1月29日(火)、2月26日(火)
※内容は両日とも同じです。
時  間:18:30~20:30
名古屋開催
http://www.hata-web.com/wp/?p=1395

■社会に出たら思い通りにいかない現実や壁が必ずあります。
それを前向きにプラス思考で考えられる人財を
育てることがポイントです。
新入社員を儲けることができる戦闘集団に鍛え上げましょう!

建設業で新入社員を2か月で戦力にする方法!

~新入社員育成2か月コース 無料説明会~

新入社員を育てよう!!

新入社員を採用し、早期に戦力にすることは業績向上のポイントです。
しかし、新入社員のうち3年以内に33%が退社しており、会社によって
成長度に差があります。
そこで「建設業で新入社員を2か月で戦力にする方法」と題し、弊社
主催の「新入社員育成2か月コース」のカリキュラムの説明の共に、いか
にして新入社員を即戦力化するかについて共に学ぶ場を設けました。
ふるってご参加いただき、経営革新の一助としていただきますことを期待
します。

スケジュール
「新入社員、若手社員の抱える課題」
【1】社会人としての基本スキルが身についていない(対人関係、文章力)
【2】なかなか一人前にならない
【3】すぐに辞めてしまう、もしくはやる気を失う

「新入社員育成2か月コース」による解決策
4月開講の新入社員育成2か月コースはこちら
http://www.hata-web.com/wp/?p=287
【1】報連相、文献読書の課題を2か月間続ける
【2】現場技術を体系的に学ぶ
【3】同年代の仲間と、尊敬できる先輩(アドバイザー)と交流する

「新入社員育成2か月コース」研修カリキュラムの解説を行います。

新入社員育成2か月コース 無料説明会
●開催日:2013年1月29日(火)、2月26日(火)
※内容は両日とも同じです。
●時  間:18:30~20:30
http://www.hata-web.com/wp/?p=1395

●場  所:
1/29
ウインクあいち 9階 904会議室
(名古屋市中村区名駅4-4-38)ユニモール5番出口 徒歩2分
名古屋駅桜通口よりミッドランドスクエア方面 徒歩5分
2/26
名古屋国際センター 5階 第五会議室
(名古屋市中村区那古野一丁目47番1号)
地下鉄桜通線「国際センター」駅下車すぐ

●対象者:建設会社経営者、新入社員・若手社員の育成担当者
●参加費:無料

http://www.hata-web.com/wp/?p=1395

*******************************************************
■〔3〕【編集後記】
*******************************************************

1月7日の仕事始めに、
毎年恒例の、お客様への新年ごあいさつのお電話かけを行いました。

5人の社員さんで、合計620件のお電話をすることができました。
社員さんが元気よくお電話をしている姿は活気があり、
今年の好景気を予感しました。

火曜日から本格稼働しています。
本日は和歌山、そして明日は福岡です。
今年もがんばります!

*****************************************************************
【発行】ハタ コンサルタント株式会社 代表取締役 降籏 達生
【所在地】名古屋市中村区名駅4-2-28 名古屋第2埼玉ビル
【電話】052-533-9688 【FAX】052-533-9689
【ホームページ】http://www.hata-web.com/
【作者に直接メールする】furuhata@hata-web.com
【 配信中止はこちら】http://www.mag2.com/m/0000177186.html
***************************************************************