【がんばれ建設】NO464 【今週のポイント】「人材育成のコツ;いい時を焼き付ける」

■■がんばれ建設■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
がんばれ東北!がんばれ日本!
~建設業,ISO専門の業績アップの秘策~
作者;ハタ コンサルタント株式会社 降 籏 達 生
■■■■■■■■■■■■■■■■■2012年5月3日■■■■
★「賢者TV」の取材を受け、以下の番組ができました。
降籏の生きざまや考え方を伝える
10分ほどの番組ですので、ぜひご覧ください。

http://www.kenja.tv/kenjadetail_10966

★降籏のビデオレター5月号 アップしています

5月号は組織管理者に必要なスキルのうち
「コミュニケーションスキル」です。
葛藤処理、クリティークのための方法を
お話しします。

http://www.youtube.com/user/hatacon919

■〔1〕本文「いい時を焼き付ける」

■〔2〕セミナー案内
★「工事部課長 飛躍塾」&
「総合評価方式『技術提案書』作成支援業務」
無料説明会 好評につき追加開催決定!
5月24日18:30~ 名古屋都市センターにて

http://www.hata-web.com/wp/?p=1624

下記すべてCPDS認定コースです

★現場経験10年程度の方を鍛えるのはこちら
「現場代理人育成6か月コース」
5月スタート 人気コースですので、お申し込みはお早めに

http://www.hata-web.com/wp/?p=319

★建設業工事部・課長向け研修の案内はこちら
「工事部長・課長 飛躍塾」
6月スタート 他に例のない建設業組織管理者向け研修

http://www.hata-web.com/wp/?p=349

★東京開催 総合評価対策連続セミナー
(6/26、9/5、11/8、2/5 4回セット 講師降籏)

http://www.kentsu.co.jp/seminar/view.asp?cd=315

★大阪開催 総合評価対策連続セミナー
(6/28、9/6、11/9、2/7 4回セット 講師降籏)

http://www.kentsu.co.jp/seminar/view.asp?cd=316

★現場代理人育成セミナー
愛知、愛媛、徳島、香川、高知、三重、福井、宮崎
滋賀、鹿児島、広島(満席)、福岡、大分
にて開催します。
生降籏を見たい方はどうぞ。ただし、すぐに満席になるようです。
詳しくはこちら↓

http://www.ejcm.or.jp/

JCMセミナー(演習タイプの特別講習会)を見てください

■〔3〕編集後記

***************************************************************
■〔1〕「人材育成のコツ;いい時を焼き付ける」
***************************************************************

お世話になっている皆様
いつもありがとうございます。

ハタ コンサルタント株式会社,
株式会社関西テクノファ 降籏です。

■コミュニケーション能力が重要であるとは
よく言われることです。

実際には立場によって必要なコミュニケーション能力は
異なります。

■一般社員さんに必要なコミュニケーション能力は
「報連相」です。
報告、連絡、相談が正確にきちんとできないと
問題が発生します。

■経営者や管理者は、「報連相」の能力が
あることは当然です。これに加えて、
経営者、管理者に必要なコミュニケーション能力は
「葛藤処理能力」
「クリティーク能力」
の2つで、これが人材育成のコツでもあります。

■葛藤処理能力とは
意見の対立や葛藤から避けたり隠したりせず
直面して理解と納得による解決をする能力です。

■葛藤を処理しようとする場合、
「1)対決」「2)延期(保留)」「3)回避」
のいずれかにより解決しようとします。

1)対決

★「力」での解決
力づくでの解決ですから、スピードは速いですが
もめごとが残る可能性があります。
★「相互理解」
相互に理解しあうことで解決することで
これがもっとも望ましい形です。
そのためには次の能力が必要です。
・問題が何であるかを知る能力
・問題解決手法を知る能力

2)延期

時間や雰囲気を変えて解決しようとするものです。
★「保留」
この方法を効果的に活用するには、保留の時間や
保留する目的(状況が変わるのを待つなど)を
明確にすることが重要になります。
★「癒し」
好きな音楽を聴いたり、心地よい雰囲気を作ることで
解決する手法です。

3)回避

この方策は葛藤状態から物理的に離れることであり、
「逃避」にならないような注意が必要です。
回避策を選択する場合はその後の支援体制をつくり、
安定するまで支援を継続する必要があります。

★「防衛機制」
ガマンをしたり発散したりして自分自身を押さえこむことで
相手の状況に自分を合せることです。
★「移動」
異動や転職などで物理的に葛藤状態から離すことです。

これら3つの方法(対決、延期、回避)をその場の状況に応じて
活用することで問題解決する能力を葛藤処理能力と言います。

■クリティーク能力とは
人の行動を観察して、改善すべき点を
確認する能力です。
観察(クリティーク)して指摘(フィードバック)することで
障害を取り除くことができます。

■クリティークについて
クリティークを解説するために
プロ野球楽天球団の佐藤義則投手コーチをご紹介しましょう。

佐藤義則さんは、ダルビッシュ有選手、田中将大選手を
育てたことで有名です。

■佐藤さんは、育成すべき投手の後ろに立ち
1球投げるごとに声をかけます。

「今のはいいぞ」
「今のはダメだなあ」

と一球ずつ投球がいいのか悪いのかを伝えます。
一球たりとも決して評価をあいまいにしません。

■いい時に「いいぞ」と伝えることで選手が
「いいときを焼き付ける」ことが
大事だと佐藤さんはいいます。

「すばらしい!」「うぉー!いいな」
などと全力で褒めるのです。

■ダメなときには、どうすればよいのかも伝えます。
「ボールをもっと持って」(球離れを遅くせよ)
「肘を出してしっかり振れ」
「肩だけでなく上半身を使え」
「もっと胸を張って投げろ」

ほんの10cm球離れが速くても「ダメ」なんです。

また今はよくても、10年後に肩を壊すフォームであれば
積極的にフォームを修正します。
「10年後を見据えて指導する」のだと佐藤さんは言います。

■私はこれこそが「クリティーク」の能力だと思います。
評価をあいまいにせず
いいときを焼き付けさせ
10年後を見据えて指導する。

これが人材力、組織力を向上させる秘訣なのでしょう。

■ぜひ「葛藤処理」、「クリティーク」を意識して
人材育成をしてみてください。

**************************************************
[2]セミナー案内                    
**************************************************
「現場代理人育成6か月コース」

http://www.hata-web.com/wp/?p=319

監督を鍛える!!

 受注競争の激化や現場を取り巻く環境の変化を受け、
現場代理人の役割が大きく変わりつつあります。
 その能力や資質が、建設会社の受注や生き残りを
も左右するようになってきました。

 しかし、現場代理人の多くにその資質や能力が欠けているのが現状です。
 現場作業員たちを指揮・監督することができず、
言うことを聞いてもらえない――そういった声を多く聞きます。

現場代理人に特有の資質や能力を身に付けなければ、企業の顔となる現場は創れません

 現場代理人の能力や資質が、建設会社の受注や
生き残りをも左右するようになってきていると感じつつも、
そのためにどうやって現場代理人を育成したらいいのか、悩んではいませんか?
 悩みつつ、しかし時間や業務に追われてなかなか取り掛かれない、
という状況ではありませんか?

 これらの悩みにお応えするため、弊社では、
これからの現場代理人に欠かせない能力や資質を明らかにしたうえで、
それらを身に付ける方法をお伝えする
「現場代理人育成6か月コース」を今年も開講します!

「現場代理人育成6か月コース」では6日間のスクーリングと
日々のポイント獲得活動(知識の習得:読書・社内勉強会、
コミュニケーション力向上:個人面談、
原価低減能力向上:原価低減・見積書作成・新規協力業者開拓、
技術営業能力の向上:顧客訪問・はがき作成)を
実践することで目標の立て方の習慣付け、
また、それによる達成感を得ることができます。

 スクーリング+日々のポイント獲得活動により、下記の能力を高めます。

 ・現場代理人スキルチェックにより自らの課題に気づく
 ・利益を上げる3つの手法を理解し、日々の原価低減を実践する
 ・技術力を活かした営業の基本を知り、自ら受注活動ができる
 ・コミュニケーション能力を高める
 ・文献読破により人間力を高め、尊敬される技術者になる

6日間のスクーリングと6か月間の日々のポイント獲得活動により
下記の能力を高める
●現場代理人スキルチェックにより自らの課題に気づく
●コミュニケーション能力を高める
●利益を上げる3つの手法を理解し、日々原価低減を実践する
●文献読破により人間力を高め尊敬される技術者になる
●技術力を活かした営業の基本を知り、自ら受注活動ができる
※修了基準:所定のポイントを取得することで修了となります。

【第1講】 現場代理人に必要な能力とは (CPDS7ユニット)
■現場代理人に必要な能力とは
■技術力、対応力、管理力の基本
■組織作り
■組織論、やる気の出る組織とは

【第2講】 現場で使える技術力を身につける (CPDS7ユニット)
■VE手法による原価低減
■TOC理論による工程短縮
■環境管理の基本、朝礼の見直し
■職場環境を良くするための方策
■法令の理解(安全、建設業法)
■リスクアセスメント

【第3講】 提案力、文章力がなければ認められない(CPDS7ユニット)
■理科系の作文技術
■文章添削実習
■基本的な文章事例の作成
■創造力と発想力
■技術提案書の作成

【第4講】 コミュニケーション力で現場をスムーズに運営する (CPDS7ユニット)
■報連相の基本
■対人関係を深める5段階
■親密力を高める
■挨拶の実習
■相手の要望や欲求を知る
■表現力を上げる
■プレゼンテーション実習
■交渉力を身につける
■交渉実習

【第5講】 現場で稼ぐポイントとは (CPDS7ユニット)
■原価低減5つのポイント
■原価目標立案手法
■VE手法による原価低減手法
■現場のムダをなくす
■原価の改善手法
■歩掛りをまとめてデータ分析する

【第6講】 尊敬される現場代理人になる (CPDS7ユニット)
■企業文化と社風
■自社の社風 演習
■掃除に学ぶ
■尊敬される現場代理人とは
■人間力を高めるために実施すべきこと

【ポイント制度】

講義に加えて以下の内容を日々実践することで
現場代理人として必要なスキルを確実に身につけることができる
●知識の習得;読書、社内勉強会
●コミュニケーション力向上;個人面談
●原価低減能力の向上;原価低減、見積書作成、新規協力業者開拓
●技術営業能力の向上;顧客訪問、はがき作成

【アドバイザー制度】

現場代理人経験豊富なアドバイザーが緻密なフォローを
しますので、自らの弱点を確実に改善することができます。

 グループ討議により、他社の意見を聞くことができることも
本講座の大きな特徴です。
 自社の行いや考え方の違いを他社と比較でき、
会社の成長のきっかけを掴めるプログラムにもなっています。

セミナー詳細

【第1講】5月24日(木)9:30~17:00
『現場代理人に必要な能力とは』

【第2講】6月20日(水)9:30~17:00
『現場で使える技術力を身につける』

【第3講】7月18日(水)9:30~17:00

『提案力、文章力がなければ認められない』

【第4講】8月23日(木)9:30~17:00
『コミュニケーション力で現場をスムーズに運営する』

【第5講】9月19日(水)9:30~17:00
『現場で稼ぐポイントとは』

【第6講】10月17日(水)9:30~17:00
『尊敬される現場代理人になる』

開催場所
名古屋第二埼玉ビル 地下一階会議室

参加費
【一 般】
1人参加 120,000円  2人以上参加 115,000円
【コンテク会員】 >>コンテク会員とは

http://www.hata-web.com/con-tech/index.html

1人参加 115,000円  2人以上参加 110,000円

対象者
現場経験10年以上または、
現場代理人経験者(土木、建築、空調、衛生、電気、
プラント、各技術者、専門工事職長)

http://www.hata-web.com/wp/?p=319

*******************************************************
■〔3〕【編集後記】
*******************************************************

私はきょうから連休に入りました。
たまった本3冊、テキスト作成3種類、本の執筆を
やり切ります。

**************************************************************
【発行】ハタ コンサルタント株式会社 代表取締役 降籏 達生
【所在地】名古屋市中村区名駅4-2-28 名古屋第2埼玉ビル
【電話】052-533-9688 【FAX】052-533-9689
【ホームページ】http://www.hata-web.com/
【作者に直接メールする】furuhata@hata-web.com
**************************************************************