【がんばれ建設】NO 878 【建設技術】「人材育成はガツンと一撃が必要」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
がんばれ建設
〜建設業専門の業績アップの秘策〜
作者;ハタ コンサルタント株式会社 降 籏 達 生
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■2016年5月21日

お世話になっている皆様。
いつもありがとうございます。
ハタ コンサルタント株式会社 降籏達生(ふるはたたつお)です。
**************************************************
今日の一言
「小さな問題こそガツンが必要」
**************************************************

●「目で見てわかる建設の基本技能」DVD予約 大好評です。

建設工事現場で用いる基本技能とは
運ぶ、結ぶ、切る、道具を使う、などです。
これらのスキルはどの工種にも共通です。

新人がこれらを身につけるためには
ある程度の時間が必要ですが、何度も何度も
上司や親方に聞くと怒られたりします。

そこでこれら基本技能を私が現場に行って
ベテラン親方の手元を撮影しました。
それに解説を付けてDVDにまとめました。

新人技能者、技術者にはとても役立つ内容に仕上がりました。
5月31日(火)までの予約で20%オフです。

すでに多くの予約をいただき、
事務所はうれしい悲鳴をあげています。

まずは下記よりサンプル動画だけでもご覧ください
けっこうおもしろいですよ。

http://www.hata-web.com/wp/?p=6317

では本日のメインコンテンツです。
*************************************************
「人材育成はガツンと一撃が必要」

■工事部課長育成3ヶ月コース(工事部課長、または候補者対象)
2016年6月

http://www.hata-web.com/wp/?p=2166&type=seminer

**************************************************

私のところに技術者の人材育成についての相談が
よく寄せられます。

あまり強く叱ると「パワハラ」と言われかねないし
かといって緩く言っても効き目がありません。

ロジャー・フォン・イーク著作の
『頭にガツンと一撃』(城山三郎訳新潮社)
に次のように書かれています。

================

あるとき、禅僧の師弟はある問題について論じあっていた。
長時間論じあったにもかかわらず、
弟子は教えの要点を理解するようすがなかった。

とうとう師は杖をとりあげて、弟子の頭のわきをガツンと一撃した。
とたんに弟子は事態をのみこんで、「違うこと」を考えはじめた。

「頭にガツンと一撃」をくらわないことには、
私たちは「似たりよったり」の考え方をさせる
前提から抜けだせないことがある。

私たちはこの弟子のように、
ときおり頭のわきをガツンとやられる必要がある。
こうしてはじめて、習慣的な思考形態から解放され、
問題を考えなおすことを強いられ、新たな疑問を感じて、
ほかの正しい解答を引き出す可能性が生まれる。

=================

「ガツン」とは
頭を「ガツン」と叩くだけでなく
時には問題が起きたり、大失敗したり
驚いたり、想定外の出来事だったりします。

リーマンショックで売り上げが激減したことを
きっかけに技術営業による新規顧客開拓をした
建設会社があります

工事中に大切な埋設ケーブルを切断してしまい
大打撃を受けた建設会社があります
その会社の看板や経営計画書には
「●年●月●日を忘れるな」
と書かれており、それ以来
大規模な事故はなくなりました。

行徳哲男師は次のように書かれています。

「『武蔵野』を書いた国木田独歩の短編小説に、
『牛肉と馬鈴薯』という作品がある。
その中で主人公が一番の願い事としていること、
それは政治家になることでもない。
事業家になることでもなければ、哲学者になることでもない。
もしこの願いさえ叶えられるならば、
他は何もいらないと言っているもの。
それは、どんなことにでも「ハッ!」と出来る人間になることである」

致知出版社の藤尾秀昭社長は
「憤」(いきどおり)の気持ちが重要だ
と言っています。

人材を育成する際には
会議の時間に遅れたり、誤字脱字などの
小さな問題にこそ「ガツン」と言うべきです。

一方、重大災害、大赤字などの大きな問題を起こしたときには
すでに反省しているでしょうから
あまり大げさに言わない方がよいでしょう。

「ガツン」で人を育てたいものです。

6月に名古屋でうまい叱り方の講演会を開催します
ぜひおこしください。

『「人材」を「人財」へ部下のやる気を引き出す叱り方』講演会
2016年6月7日(火)

http://kk-c.net/?p=1719

************【現在募集中の建設セミナー情報】****************
■現場代理人育成6ヶ月コース(現場経験10~15年対象)
2016年5月28日~

http://www.hata-web.com/wp/?p=319&type=seminer

■「人材」を「人財」へ部下のやる気を引き出す叱り方
講演会
2016年6月7日(火)

http://kk-c.net/?p=1719

■工事部課長育成3ヶ月コース(工事部課長、または候補者対象)
2016年6月

http://www.hata-web.com/wp/?p=2166&type=seminer

■若手施工技術者育成3ヶ月コース(現場経験3~5年対象)
2016年7月

http://www.hata-web.com/wp/?p=5727&type=seminer

■2015年版 建設業ISO9001/14001マニュアル作成合宿
2016年8月18日(木)~19日(金)(ISO14001)

http://www.hata-web.com/wp/?p=5871&type=seminer

■技術提案 文章力・提案力 強化合宿
2016年7月5日(火)~6日(水) 福岡開催
2016年10月5日(水)~6日(木) 名古屋開催

http://www.hata-web.com/wp/?p=2566&type=seminer

■建設業経営者のためのBCP構築セミナー
2016年7月15日(金) 9:30~17:00

http://www.hata-web.com/wp/?p=5740&type=seminer

■これから建設業で働く人のための 図面読解力、安全・工程管理力 強化合宿
2016年8月4日(木)~5日(金)

http://www.hata-web.com/wp/?p=4503&type=seminer

■工事成績評定/工事評価点 対策講座 80点取る方法
2016年9月7日(水) 9:30~17:00

http://www.hata-web.com/wp/?p=4734&type=seminer

■工事部課長 組織管理力・人材育成力強化合宿
2016年11月9日(水)~10日(木)

http://www.hata-web.com/wp/?p=2983&type=seminer

*************************************************
【編集後記】
*************************************************

技能のDVDに引き続き
安全に関するDVDの制作をしています。

これまでの安全ツールにはないものを
作ろうとがんばっています

お楽しみに。

_____________________
【無料ノウハウ集提供中】
本メルマガ読者に限定で、建設業向け無料ノウハウ集を提供中です。

無料ノウハウ集の目次です
●人材育成手法
【新入社員育成の秘訣】
【若手社員育成の秘訣】
【現場代理人育成の秘訣】
【工事部長・課長育成の秘訣】
●業績アップ手法
【効果的な新卒採用の方法】
【工事成績評定で80点を取る方法】
【技術提案で高い評価を得る方法】
【原価低減5つのポイント】
【建設業の業績倍増戦略】
【儲かるISOの構築方法】
【WEBを活用して業績向上】
【建設業のISO9001,14001 2015年改訂】
●仕事の質を上げる方法
【朝礼でうまく発言するコツ】
【現場代理人に必要な雑談力】

下記にアクセスしてパスワードを聞かれたら
「hatacon」
と入力してください。

http://www.hata-web.com/know-how/

●メルマガ「がんばれ建設」バックナンバーはこちら

http://www.hata-web.com/wp/?type=blog

●YouTube番組「Hata Channel」はこちら

http://www.youtube.com/user/hatacon919

●降籏 達生のプロフィールはこちら

http://www.hata-web.com/company/staff_furuhata.html

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【発行】ハタ コンサルタント株式会社 代表取締役 降籏 達生
【所在地】愛知県名古屋市中村区名駅4-2-28 名古屋第2埼玉ビル
【電話】052-533-9688 【FAX】052-533-9689
【ホームページ】http://www.hata-web.com/
【作者に直接メールする】furuhata@hata-web.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■