【がんばれ建設】NO 830【建設技術】「時間がなくても人の話を最後まで聞いているか?」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
がんばれ建設
~建設業専門の業績アップの秘策~
作者;ハタ コンサルタント株式会社 降 籏 達 生
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■2015年10月7日
お世話になっている皆様。
いつもありがとうございます。
ハタ コンサルタント株式会社 降籏達生(ふるはたたつお)です。
**************************************************
今日の一言
「持ってきた情報そのものを評価するのではなく、
持ってきた人の努力や勇気を評価する」
**************************************************

建設用語集 ベトナム語版、英語版が大反響です。
多くの外国人が日本で働いていることに改めて実感しました。

詳しくはこちらです
http://www.hata-web.com/syoseki/index.html#s-19

現在、外国人うち日本で最も多く人が働いている
は中国人です。
そこで現在、
建設用語集 中国語版を準備中です。
近く発刊をいたします。
お楽しみに。

では本日メインコンテンツです。
******************************
*******************
「時間がなくても人の話を最後まで聞いているか?」

■建設業 人事評価、 賃金制度を改新する極意
名古屋開催 2015年10月20日(火)16:30~20:30
http://kk-c.net/?p=1648
**************************************************

人の話を聞くということは大切だと
よく言います。
建設技術者は、近隣住民、協力会社、発注者の言うことを
よく聞いて、それを反映させた施工をする
必要があります。

パナソニック創業者松下幸之助さんは
聞き上手な人でした。
少々長いですが、松下幸之助さんの逸話を紹介します。
__________________________________
松下さんは、特に社員の話にも非常に熱心に耳を傾けた。
社長が社員の話に耳を傾けると、双方に二つずつのメリットが生まれる。

社員にとっては、社長が一所懸命に話を聞いてくれれば、
まず「やる気が出る」ようになる。
また、社長が喜ぶような情報を持っていこうと「勉強する」ようになる。

社長にとってのメリットの一つ目は
「社員から尊敬される」ようになることだ。
社員の話をないがしろにしたり、途中でさえぎったりする社長に、
絶対に社員はついてこない。
社員に素直にものを尋ね、意見を求める社長こそが、
尊敬され、信頼されるのである。

二つ目は、何よりも自然に「情報が集まってくる」ようになるメリットだ。
松下幸之助さんのところには、日々ひっきりなしにいろいろな人が訪れる。
そいう人たちの話を聞くとき、松下さんは「その話は前に聞いた」
とか「それは私の考えていることと同じだ」
という応対を、ただの一度もしたことはなかった。

いつもいつも「君はいいこと言うな」「君はなかなか賢いな」
というふうに感心しながら聞く。
椅子から身を乗り出し、
相手の眼をじっと見ながら真剣に聞くのである。
これにはみんな感激する。
「あの松下幸之助さんが私の話を真剣に聞いてくれた。
そして話の内容に感心してくれた」と思うのである。
すると人間とは不思議なもので、何か面白い情報が入るたびに、
「よし、これを松下幸之助さんのところに持っていこう」
「この話は松下の大将の耳に入れておこう」
という気になってくる。
結果として、自然と膨大な情報が入ってくることになる。

一日に入れ替わり立ち替わり人が来るわけだから、
当然、同じ情報もある。
しかし松下幸之助さんは、
すべての話を初めて耳にするような雰囲気で聞く。
それは、たとえ同じ情報であったとしても、
話す人によって視点が少しずつ違うからである。
松下さんは、一つの事実についても、
さまざまな角度から複数の情報と意見を得て、いつも熱心に聞き比べた。

できるだけ多くの人から情報を手に入れること。
そして、それらをすべて頭に入れた上で判断すること。
これは、いくらテクノロジーが発達した時代になっても、
昔と変わらぬ仕事の鉄則であろう。

ある日の午前中、松下さんの執務室で私は、
「なあ江口君、今度、○○ということをやろうと思うんやけど、君はどう思う?」
と尋ねられた。
すばらしいアイデアだと思ったので、
私は「それはいいですね」と答えた。

するとその日の午後、松下電器のある役員が
松下幸之助さんのところへ来て、
「今度、○○ということをやりたいと思うのですが、いかがでしょう」
とアイデアを提案した。
その○○というアイデアは、
午前中に松下さんが私に話してくれたのとほぼ同じものだった。

だから私は、松下さんが
「それはわしも考えていた。午前中に江口君に話していたところなんだ」
と言うと思った。
しかし、松下さんはそうは答えなかった。
ウンウンと頷くと、
「君のそのアイデアはなかなかいいな。よし、すぐにそれをやろう」
と応じたのである。
これが松下幸之助さんのやり方だった。
自分の立場も、自分の面子もどうでもよかった。
社員にやる気を出させ、生き生きと仕事をさせることが第一義だったのである。

思えば松下幸之助さんは、持ってきた情報そのものを評価するのではなく、
持ってきた人の努力や勇気を評価していたのだ。
「よく、わしのところへ話しに来てくれたな」
「その情報を持ってくるためには、大変な勉強が必要だったろうな」
そんな気持ちだったに違いないし、実際、そのように口に出しもした。
松下幸之助さんはけっして「今は忙しいから、後にしてくれ」とは言わなかった。
アポイントメントが入っている場合は別として、よほどのことがない限り、
その社員を部屋に入れ、話を最後まで聞いた。
「時間がないから、その辺りでやめてくれ」とも絶対に言わなかった。
これは簡単なようで、実はなかなかできることではない。
________________________________
『猿は猿、魚は魚、人は人』講談社 前PHP研究所社長、江口克彦氏著

「そのことはすでに知っている」
「私も考えていた」
と言わず、また
「忙しいから後にしてくれ」
「時間がないから、そのあたりで辞めてくれ」
とも言わないという松下幸之助さんの
聞き上手ぶりはすばらしいものです。

私は人の話を聞くことが多いですが、つい
「その話は知っています」
と言ってしまいます。

まずは自らの言動を見直すことから始めます。

***********【現在募集中の建設セミナー情報】****************
■建設業 人事評価、 賃金制度を改新する極意
名古屋開催 2015年10月20日(火)16:30~20:30
http://kk-c.net/?p=1648

■工事成績評定/工事評価点 対策講座 80点取る方法
名古屋開催   2015年10月29日(木) 9:30~17:00
http://www.hata-web.com/wp/?type=seminer

建設業新入社員フォローアップ研修
名古屋開催 2015年10月30日(金)12:00~18:00
http://www.hata-web.com/wp/?p=4834&type=seminer

■工事部課長 管理力、人材育成力強化合宿
名古屋開催   2015年11月5日(木)~6日(金)
http://www.hata-web.com/wp/?p=2983&type=seminer

■技術提案 提案力、文章力強化合宿
福岡開催   2015年11月26日(木)~27日(金)
http://www.hata-web.com/wp/?p=2566&type=seminer
*************************************************
【編集後記】
*************************************************

昨日、本日の2日間
「技術提案 文章力、提案力 強化合宿」
を開催していました。
今回は
東京都、静岡県、三重県、奈良県、兵庫県
の方々が集まりました。
場所が違えば、提案内容も異なります。
一方、技術という共通語ですぐに親しくなれ
相互に情報交換をされていました。
とても刺激的な2日間でした。
_____________________
【無料ノウハウ集提供中】
本メルマガ読者に限定で、建設業向け無料ノウハウ集を提供中です。

無料ノウハウ集の目次です
●人材育成手法
【新入写真育成の秘訣】
【若手社員育成の秘訣】
【現場代理人育成の秘訣】
【工事部長・課長育成の秘訣】
●業績アップ手法
【効果的な新卒採用の方法】
【工事成績評定で80点を取る方法】
【技術提案で高い評価を得る方法】
【原価低減5つのポイント】
【建設業の業績倍増戦略】
【儲かるISOの構築方法】
【WEBを活用して業績向上】
【建設業のISO9001,14001 2015年改訂】
●仕事の質を上げる方法
【朝礼でうまく発言するコツ】
【現場代理人に必要な雑談力】

下記にアクセスしてパスワードを聞かれたら
「hatacon」
と入力してください。
http://www.hata-web.com/know-how/


●メルマガ「がんばれ建設」バックナンバーはこちら
http://www.hata-web.com/wp/?type=blog

●YouTube番組「Hata Channel」はこちら
http://www.youtube.com/user/hatacon919

●降籏 達生プロフィールはこちら
http://www.hata-web.com/company/staff_furuhata.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【発行】ハタ コンサルタント株式会社 代表取締役 降籏 達生
【所在地】愛知県名古屋市中村区名駅4-2-28 名古屋第2埼玉ビル
【電話】052-533-9688 【FAX】052-533-9689
【ホームページ】
http://www.hata-web.com/
【作者に直接メールする】furuhata@hata-web.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■