【がんばれ建設】NO 1338【建設技術】「考える力を身につけ施工力を上げる」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
がんばれ建設
~建設業専門の業績アップの秘策~
作者;ハタ コンサルタント株式会社 降 籏 達 生
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■2019年6月10日

**************************************************
今日の一言
「ストーリーテリング力を磨け」
**************************************************

南海キャンディーズの山里亮太と蒼井優の結婚が話題になって
います。
ぶさいく芸人と言われる山ちゃんがなぜ美人女優と結婚できた
のでしょうか。

私はお笑い芸人の頭の良さがその原因だと思います。

お笑い芸人の多くは学歴を重視しないから知識や情報こそ
少なくても、それらを組み合わせて本質を見出し、物語として
人に伝え、受け入れてもらう(笑ってもらう)というあらゆる
思考ができるのです。

ビートたけし氏、芥川賞作家の又吉直樹氏や劇団ひとり氏、
バカリズム氏と、様々な芸人が漫才・コント・MC・脚本・
物語作家・映画監督・役者を器用にこなします。
山里亮太氏もお笑い芸だけでなく、6冊の本を出版しています。

その知性は、「つながりを見出す力」であり、「ストーリーテ
リング力(伝えたい思いやコンセプトを、それを想起させる
印象的な体験談やエピソードなどの“物語”を引用することに
よって、聞き手に強く印象付ける手法のこと)」です。

お笑い芸人は、相手の話からつながりを見つけ「つっこむ」、
ちょっとした出来事をおもしろいストーリーに仕上げて
笑いにつなげています。

私たちが現場で「考える」ことの対象は4つあります。

《代替案を出すこと》

今の施工方法以外の複数の選択肢を常に持っていると、何か
突発的なことがあっても何とかなる、と余裕が持てます。
真の知性とは、囚われない心を持つ力です。

《具体案を出すこと》

具体案とは、「行動に落とし込める案」のことです。
つまり、技術提案の施工方法や作業内容について、行動可能な
具体的な項目にまで落とし込めなければ提案とは言えません。

《全体像を明らかにすること》

工事施工に関して、目の前のことに集中することは重要ですが
工事の全体像を捉えることも重要です。
それは「時間軸」と「空間軸」です。
工期全体の中での「今」を考える時間軸
現場全体の中での「ここ」を考える空間軸です。

《本質を見抜くこと》

「本質的」とは、3つの共通する要素があることです。
それは「普遍性(応用がきくこと)」「不変性(時が経っても
変わらないこと)」「単純性(シンプルであること)」です。
技術提案でも、この3つの要素が成立しているものは
高い評価になりやすいです。

とかく、我々は「木を見て森を見ず」になるものです。
考える力を身につけ、深い洞察力を手に入れ、評価される
技術提案や創意工夫を考えましょう。

『1日3時間だけ働いておだやかに暮らすための思考法』
山口揚平著 プレジデント社 を一部参考にしました