【がんばれ建設】NO 1325【建設技術】「相手との距離を縮めるテクニック」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
がんばれ建設
~建設業専門の業績アップの秘策~
作者;ハタ コンサルタント株式会社 降 籏 達 生
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■2019年5月15日

本メールマガジンの登録解除は以下よりお願いします。

https://a.hml.jp/bm/p/f/tf.php?id=hm0a1448

お世話になっている皆様。
いつもありがとうございます。
ハタ コンサルタント株式会社 降籏達生(ふるはたたつお)です。

**************************************************
今日の一言
「そうですか+α」
**************************************************

*************************************************
「相手との距離を縮めるテクニック」
*************************************************

新入社員や若手社員が悩むのは丁寧語です。
周りにいる人すべてが目上の方たちなので、丁寧語で話さな
ければなりません。
一方、いつも一緒にいる社員さんや協力会社の職人さんと
いつまで硬い表現で話していると距離が遠ざかります。
どうすれば相手との距離を縮めることができるのでしょうか・

●徐々に丁寧語でなくす

会話を続けていくうちに、だんだん丁寧語でなくなる場合が
あります。
丁寧語を使わないほうが、人間関係が良くなる場合があるの
です。
丁寧語を使うと丁寧な分、よそよそしくなり、相手との距離が
遠ざかります。

例えば、新入生として初めてクラスメートと会ったとき、同い
年の学生同士でも、初めて会話を交わす相手とは丁寧語で話し
ますが、しばらくたって互いに打ち解けたら『です』『ます』
を付けずに話すようになります。
『です』『ます』が丁寧だからといって使い続けたら、いつま
でたっても親しくなれません。

●相手のペースに自分も合わせる

相手が会話中に「です」「ます」体を外してきたら、それに
合わせて自分も外すのがよいです。
相手が「私」という人称詞を比較的くだけた「僕」に変えた
ら、同じように「僕」を使うのです。

こうして相手のペースに合わせて距離を縮めると、好感度を
損なわず、もっと親しくなれます。

かといって「タメ口」には注意しましょう。
あくまで相手が目上であれば、あまりにも近くよりすぎるのは
よくないです。

相手が不快感を感じたサインが、相手がくだけた言葉から
尊敬語へと急に言葉遣いを変えた時です。
あなたにこれ以上近づいてほしくない、あるいは、触れてほし
くない話題だと考えられます。
そんなときは空気を察して、それ以上踏み込まないのが鉄則
です。

●「そうなんですか」に注意する

目上の人に対する「そうなんですか」は、相手に“上から目線”
の言葉として伝わることがあります。
「そうなんですか」には「私はすでに知っていましたよ」という
意味を持っています。
そこに知ったかぶりしたニュアンスが出るのです。
そのため状況によっては相手を不快にします。
「そんなことはあなたに言われなくても、初めから知っていた」
というニュアンスが出ると相手は不快になります。

『確かに』『なるほど』『ふーん』『へー』も偉そうな
“上から目線”の言葉と受け取られやすいので注意が必要です。

●「そうですか」の後に感想や感謝を添える

では、不快感を与えない相づちとはどのようなものか。
「そうなんですか」の代わりに「そうですか+α」を使えば、
初めて聞いたというニュアンスが相手に伝わる。
相づちの後に添える言葉で相手への気持ちは伝えられます。

例えば、上司からアドバイスをもらった際、「そうですか」を
連呼するだけでなく、その後に自分の感想などの言葉をつなげ
ることでコミュニケーションが円滑になります。

「そうですか、過去の案件の計画書を参照すれば良いのですね」
「そうですか、逃げ墨は次の作業のことを考えて打つのですね」

さらに、目上の人に話をする際には、褒めるよりもむしろ
教わる態度を取ったほうがいいです。

「そうですか、そう考えればよいのですか。参考になりました」
「そうですか、とても勉強になりました。ぜひまたアドバイス
をお願いします」

と、素直な感謝の気持ちを示せば、相手に共感や親愛の情を
届けやすいのです。

現場で目上の人、年長者との言葉遣いに悩んでいる若手には
ぜひ伝えてあげてください。

日経おとなのOFF 2014年6月号の記事、石黒圭著を一部
参考にしました

***********【現在募集中の建設セミナー情報】***************
★「建設技術者キャリアアップシステム2019年版」無料提供中

施工管理技術者の年代ごと必要能力と育成方法を一覧表にしたも
のを無料提供します。
教育計画作成の参考になります。

https://a.hml.jp/bm/p/aa/fw.php?i=hm0a1448&c=2&n=4048

★安全大会講師派遣します

「ゼロ災害」「KY(危険予知)」「リスクアセスメント」
はもちろんのこと「企業の活性化」 「健康づくり」
「メンタルヘルス対策」など、 その日から実践できる内容や、
眠くならずに元気の出る講演で定評の講師をご紹介いたします。

http://www.hata-web.com/consulting/construction-company-consulting/anzentaikai_koushi.html

★「技術提案 文章力・提案力 強化 2日間コース」

【大 阪】2019年5月21日~22日
【東 京】2019年7月10日~11日
【名古屋】2019年9月12日~13日

建設業、建設コンサルタント業に向けた
技術提案で高い評価を得るためのセミナーです

https://a.hml.jp/bm/p/aa/fw.php?i=hm0a1448&c=4&n=4048

★現場代理人育成6ヶ月コース

一皮むけた一流の現場代理人になることができます。

https://a.hml.jp/bm/p/aa/fw.php?i=hm0a1448&c=7&n=4048

★工事部課長育成3ヶ月コース

建設業の部課長として行うべきことを学ぶことができます

https://a.hml.jp/bm/p/aa/fw.php?i=hm0a1448&c=1&n=4048

★働き方改革セミナー

建設業の働き方改革をどのように進めれば良いかを
事例を含めて解説します

http://www.hata-web.com/open_seminar/seminar-for-construction-companies/hatarakikata.html

■建設業経営者向け講演会(名古屋開催)

建設業経営者、経営幹部が経営を学ぶ場を作っています。
興味ある方はお問い合せください。

★2019年6月例会 6月18日(火)
講演 現場片付けの技術/建設業の事業承継

*************************************************
【編集後記】
*************************************************

新入社員研修ラッシュの次には、若手施工管理技術者セミナー
ラッシュが始まりました。
若い技術者が大いに成長するよう、心をこめて研修を
実施します。

___________________
【無料ノウハウ集提供中】本メルマガ読者に限定で、
建設業向け無料ノウハウ集を提供中です。

無料ノウハウ集の目次です
●人材育成手法
【新入社員育成の秘訣】
【若手社員育成の秘訣】
【現場代理人育成の秘訣】
【工事部長・課長育成の秘訣】
●業績アップ手法
【効果的な新卒採用の方法】
【工事成績評定で80点を取る方法】
【技術提案で高い評価を得る方法】
【原価低減5つのポイント】
【建設業の業績倍増戦略】
【儲かるISOの構築方法】
【WEBを活用して業績向上】
【建設業のISO9001,14001 2015年改訂】
●仕事の質を上げる方法
【朝礼でうまく発言するコツ】
【現場代理人に必要な雑談力】

下記にアクセスしてパスワードを聞かれたら
「hatacon」
と入力してください。

http://www.hata-web.com/know-how/

●メルマガ「がんばれ建設」バックナンバーはこちら

http://www.hata-web.com/wp/?type=blog

●YouTube番組「Hata Channel」はこちら

http://www.youtube.com/user/hatacon919

●降籏 達生のプロフィールはこちら

http://www.hata-web.com/company/staff_furuhata.html

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【発行】ハタ コンサルタント株式会社 代表取締役 降籏 達生
【所在地】愛知県名古屋市中村区名駅4-2-28 名古屋第2埼玉ビル
【東京支店】東京都中央区銀座七丁目15番8号 タウンハイツ銀座406
【電話】052-533-9688 【FAX】052-533-9689
【ホームページ】http://www.hata-web.com/
【作者に直接メールする】furuhata@hata-web.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■