【がんばれ建設】NO 1322【建設経営】「建設従事者の5割は子どもに建設業を「勧めない」」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
がんばれ建設
~建設業専門の業績アップの秘策~
作者;ハタ コンサルタント株式会社 降 籏 達 生
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■2019年5月9日

**************************************************
今日の一言
「まずは内部改革から」
**************************************************

*************************************************
「建設従事者の5割は子どもに建設業を「勧めない」」
*************************************************

2020年度の採用活動が3月からはじまり、現在最盛期を迎えて
います。
建設会社の経営者、人事担当者は、一人でも多くの学生を採用
しようと努力されていることと思います。

 日経 xTECHと日経コンストラクションが実施した意識調査
では、若者に建設業界への就職を熱心に勧める人はかなり
少ないという実情が明らかになりました。
「身近な若者や自分の子どもに、建設業界への就職を勧めたい
と思うか」という問いに対し、一般の人で「非常にそう思う」
と回答したのはわずか1%です。
「ややそう思う」と合わせても12%にとどまっています。

 建設業界の回答者ではこの割合が24%に増えるものの、少数派
であることに変わりはありません。
逆に、「全くそう思わない」または「あまりそう思わない」と
答えた人は建設業界の回答者の50%に及び、一般の44%を上回っ
たのです。
建設業界で働く人の2人に1人が、若者に自分の仕事を
「勧めたくない」と考えているのです。

業界団体や企業がいくら仕事の魅力を発信しても、建設業界で
働く身近な大人が反対していては、就職先として若者に選ばれ
ない状況を脱するのは難しいです。

建設業界を若者に勧めない理由は以下のとおりです。

1位「労働時間が長そう」一般では50%、建設業界では82%
2位「危険を伴いそう」一般の65%、建設業界の54%
3位「給料が安そう」一般の32%、建設業界の45%

一般の回答者からは、「肉体的にも、精神的にもきつそう」
(29歳以下、製造業)「建設業で働いていた父が何度か倒れた。
体をはった職業という印象が強い」(30歳代、主婦)など、
肉体労働の厳しさを懸念するコメントが目立ちます。

 一方、建設会社の回答者からは、現状の経営や労働環境に対
する不満が噴出しました。
「大手の元請け会社はもうかっていても、地方の中小は経営
状況がかつてないほど厳しい」(50歳代、建設会社)
「厳しい工期が設定され、働き方改革の流れと逆行している」
(40歳代、建設会社)

学校での出前授業、採用方法の工夫などイメージアップをいくら
進めても、内部からの不満の声が大きい限り、多くの若者が
入職することはありえません。
まずは労働時間、危険度、給料の改善を進める必要が大きいこと
が改めて判明しました。

長谷川 瑤子=日経 xTECH/日経コンストラクション
日経 xTECHを一部参考にしました。

*************************************************
【編集後記】
*************************************************

昨日出版社編集者と打ち合わせをし、夏に出版する
「働き方改革」書籍に加えて、来年2月ころもう1冊出版する
ことが決まりそうです。
がんばってお役に立てる書籍を執筆します。