【がんばれ建設】NO 1297【建設技術】「早期離職をどうしたら防げるか」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
がんばれ建設
~建設業専門の業績アップの秘策~
作者;ハタ コンサルタント株式会社 降 籏 達 生
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■2019年3月27日

本メールマガジンの登録解除はこちらから。

http://growmail.jp/bm/p/f/tf.php?id=hatacon

お世話になっている皆様。
いつもありがとうございます。
ハタ コンサルタント株式会社 降籏達生(ふるはたたつお)です。

**************************************************
今日の一言
「ギャップをなくす」
**************************************************

*************************************************
「早期離職をどうしたら防げるか」
*************************************************

4月1日から新入社員を迎えるという会社が多いでしょう。
しかし5月の連休明けに、会社に出社しない、いわゆる
「早期離職者」がかなりの割合で発生します

●早期離職のダメージ

早期離職者がいると、会社には大きなダメージがあります。

まず財務的な損失として、採用経費がムダになります
さらに育成に関わった社員や職場全体のモチベーション低下を
招きます。
他の社員の連鎖的な離職につながることも考えられます。

●早期離職の3つの原因

1)期待と現実との差

入社前に会社に抱いていた「期待」と「現実」との乖離です。

まず、1ヶ月目くらいでは、会社の雰囲気に違和感を覚えます
例えば、求人広告や面接では「自由闊達な雰囲気で、意見も
言いやすい環境です」と言われていたのに、先輩や上司が
会社の意向を気にしてあきらめ感が漂っていると
すぐに「聞いていた話と違う」とショックを受けます。

2ヶ月目くらいになると今度は仕事内容についてギャップを
感じ始めます。
例えば「『しっかりと教育をしたのち、現場で活躍していただき
ます』と聞いていたのに、すぐに現場に放り込まれた」
と本人が感じるケース。
会社側としては4月に新入社員研修をしたからいいだろうと
配慮したつもりが、それが上手く伝わっていない。

逆のパターンもあります。
いつまでたっても本社で雑務ばかりで、なかなか現場に
行かせてもらえない。
「いつになったら現場で働けるのだろう」と思ってしまいます。

ギャップを感じたままだと、なかなか職場に馴染めません。
その結果、本人は「この会社は自分とは合わないかもしれない」
と考えてしまいます。
これが早期離職を招く原因になるのです。

この対策は採用時点から始めなければなりません。
求人の際に提供する情報を出来るだけ詳細に記載すること。
良い面だけでなく、マイナス面も正直に伝えること。

人事担当者はどうしてもよいことを言いがちなので、若手で
物事をはっきりいう社員を採用面接に同席させるのがよいです。

入社者が不安になるのは、自分に何が期待されているのか
がわからないことです。
そこで、目標設定の面談を入社初日の研修プログラムに設定
することも有効でしょう。
今後5年間の育成計画を説明することも大切です。

面談でそこを明確にしてもらえれば、最初に簡単な作業的仕事
を任されたとしても、ステップの一つだと理解することが
できます。

2)先輩、上司との人間関係

「直属の先輩や上司との関係性」です。
これは単に仲が良いということではなく、
「相談しやすいか、話しかけ易いか」ということです。

もっとも近くにいる人との関係性がよければ離職はしません。
逆に、その人と共にいるのがいやになると、すぐに離職
したくなります。

ところが、先輩、上司も若手社員を育成した経験が少ない
ことが多いのです。
そこで、先輩上司へ、部下の育て方研修を受けさせることは
欠かせません。

また、毎日部下からの「質問タイム」を設けることで話を聞く場
を作るのがよいでしょう。
入社者はなかなか「わからない」と言いづらいものです。
そこで、疑問や不明点を言いやすい環境を作ってあげることが
不安の解消につながります。

3)仕事が多すぎる、または少なすぎる

業務量の過多、もしくは業務量の過少のことです。

まだ仕事に慣れていないのに、いきなり突貫現場に配置され
喧噪とした雰囲気の中に入ってしまうと、慣れている人には
どうと言うことではない状況でも、入社者にとっては負担が
大きい。
迷惑をかけないように必死でこなそうとして、心身ともに疲弊
してしまう。

逆に業務が少なすぎても離職につながります。
「みんな忙しそうにしているのに、自分だけ早く帰れと言われる。
そのため、現場のことがわからず話についていけない」

自分から積極的に発言することが苦手な方は「業務の少なさ」
に不安・不満を感じる傾向があります。

この対策は、その人の力量を冷静に見て、最初に配属する現場
決めることです。
できればあまり工期が迫っていない現場がよいでしょう。
また入社から1年間は、入社者の給与は現場経費ではなく
本社経費とするのが良いと思います。
現場経費となると、どうしても現場責任者はしっかり働いて
もらわないといけない、と思ってしまいます。
それが業務過多になる原因の一つです。

例えば、ある企業では、中途入社者の入社日から1週間、
誰が一緒にランチに行くかを決めることを義務付けています。
現場では、社員だけでなく、職長にも一緒のランチをお願い
するとよいでしょう。
個人面談や交換日記を定期的に行うことも効果的です。
特に、先輩上司に面と向かって話せない性格の人は
紙に書いてもらうと本音が見えてきます。

来週から新人を迎える方は永く働いてもらえるよう、しっかり
準備をしたいものです。

***********【現在募集中の建設セミナー情報】***************
★「建設技術者キャリアアップシステム2019年版」無料提供中

施工管理技術者の年代ごと必要能力と育成方法を一覧表にしたも
のを無料提供します。
教育計画作成の参考になります。

http://www.hata-web.com/carrerup

★フルハーネス型安全帯 特別教育
開催します
現場や建設会社に講師を派遣します。

http://www.hata-web.com/open_seminar/seminar-for-construction-companies/fullharness.html

★「技術提案 文章力・提案力 強化 2日間コース」

【大 阪】2019年5月21日~22日
【東 京】2019年7月10日~11日
【名古屋】2019年9月12日~13日

建設業、建設コンサルタント業に向けた
技術提案で高い評価を得るためのセミナーです

http://www.hata-web.com/wp/?p=2566&type=seminer

★建設業 新入社員・若手社員の育て方セミナー

4月から新入生を迎える現場の上司や先輩
若手の育成に悩んでいるベテラン社員を対象にした
研修です。

【東 京】2019年4月23日(火)
【名古屋】2019年4月24日(水)
【大 阪】2019年4月25日(金)

対象者:2019年4月入社予定社員、若手社員の先輩社員、上司、
経営者、経営幹部

http://www.hata-web.com/open_seminar/seminar-for-construction-companies/sodatekata.html

★新入社員育成2ヶ月コース

2019年4月入社予定の新入社員に向けた研修です。
建設会社に特化した内容ですので、すぐに現場で活かせます

東京、名古屋、大阪にて開催
2019年4月~5月

http://www.hata-web.com/open_seminar/seminar-for-construction-companies/sinnyu2m.html

★新入社員実践型研修3日間コース
大宮、横浜、京都にて開催します

http://www.hata-web.com/open_seminar/3days/freshman2019.html

★若手施工管理技術者育成3ヶ月コース

入社5年程度の若手施工管理技術者を鍛えるコースです

東京、名古屋、大阪にて開催
2019年5月~7月

http://www.hata-web.com/open_seminar/5-big-seminar/wakate27.html

■建設業経営者向け講演会(名古屋開催)

建設業経営者、経営幹部が経営を学ぶ場を作っています。
興味ある方はお問い合せください。

★2019年4月例会 4月18日(木)
講演 井上修様 (伊那食品工業 代表取締役)
「いい会社をつくりましょう」

http://kk-c.net/201904/

★2019年6月例会 6月18日(火)
講演 建設業の事業承継/片付けの技術

*************************************************
【編集後記】
*************************************************

昨日からゴールデンウィークの新幹線予約が
始まり、ネット予約がとても混み合っていました。
新天皇即位に関連して、いよいよ行事が本格化するようです。
___________________
【無料ノウハウ集提供中】本メルマガ読者に限定で、
建設業向け無料ノウハウ集を提供中です。

無料ノウハウ集の目次です
●人材育成手法
【新入社員育成の秘訣】
【若手社員育成の秘訣】
【現場代理人育成の秘訣】
【工事部長・課長育成の秘訣】
●業績アップ手法
【効果的な新卒採用の方法】
【工事成績評定で80点を取る方法】
【技術提案で高い評価を得る方法】
【原価低減5つのポイント】
【建設業の業績倍増戦略】
【儲かるISOの構築方法】
【WEBを活用して業績向上】
【建設業のISO9001,14001 2015年改訂】
●仕事の質を上げる方法
【朝礼でうまく発言するコツ】
【現場代理人に必要な雑談力】

下記にアクセスしてパスワードを聞かれたら
「hatacon」
と入力してください。

http://www.hata-web.com/know-how/

●メルマガ「がんばれ建設」バックナンバーはこちら

http://www.hata-web.com/wp/?type=blog

●YouTube番組「Hata Channel」はこちら

http://www.youtube.com/user/hatacon919

●降籏 達生のプロフィールはこちら

http://www.hata-web.com/company/staff_furuhata.html

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【発行】ハタ コンサルタント株式会社 代表取締役 降籏 達生
【所在地】愛知県名古屋市中村区名駅4-2-28 名古屋第2埼玉ビル
【東京支店】東京都中央区銀座七丁目15番8号 タウンハイツ銀座406
【電話】052-533-9688 【FAX】052-533-9689
【ホームページ】http://www.hata-web.com/
【作者に直接メールする】furuhata@hata-web.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■