【がんばれ建設】NO 1230【建設情報】「公共事業 最大2割増加」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
がんばれ建設
~建設業専門の業績アップの秘策~
作者;ハタ コンサルタント株式会社 降 籏 達 生
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■2018年12月6日

本メールマガジンの登録解除はこちらから。

http://growmail.jp/bm/p/f/tf.php?id=hatacon

お世話になっている皆様。
いつもありがとうございます。
ハタ コンサルタント株式会社 降籏達生(ふるはたたつお)です。

**************************************************
今日の一言
「インフラの維持管理が急務」
**************************************************

★建設技術者・技能者 人材採用、定着、育成、ISO
無料説明会

「人材を採用できない」「すぐに辞めてしまう」
「なかなか育たない」「ISOを活かせない」…
そんなお悩みを解決します!

担当は降籏です。

【東京会場】
2019年2月8日(金) 19:00~21:00
2019年3月8日(金) 19:00~21:00

【名古屋会場】
2019年2月13日(水)19:00~21:00
2019年3月11日(月)19:00~21:00

【大阪会場】
2019年2月4日(月) 19:00~21:00
2019年3月12日(火) 19:00~21:00

いずれの回も同じ内容です。

詳しくはこちらです

http://www.hata-web.com/open_seminar/seminar-for-construction-companies/hataconsetsumeikai.html

では本日のメインコンテンツです。

*************************************************
「公共事業 最大2割増加」
*************************************************

公共事業費が、かなり増額される見込みです。
19年度予算案は、7兆円規模となり、2割り程度増加し
10年ぶりの高水準です。
そのうち1兆円がインフラの維持管理費です。

政府は西日本豪雨や北海道地震などを受けて11月までに全国の
インフラを点検しました。
非常用電源の改修が必要な空港や、人命に危険が及ぶ可能性の
ある河川が多く見つかっています。
国土交通省によると今年3月時点で73万カ所ある道路橋の25%、
1万1千カ所のトンネルのうち2割は建設から50年以上がたちます。

公共事業は利用の少ない道路の整備などが批判され、当初予算
では1997年度の9.8兆円をピークに縮小してきました。
2000年代にはデフレが続く中で税収が伸びず、社会保障費が
膨らむ一方で公共事業費は抑えられてきました。

国交省によると、損傷が深刻になる前に予防的な補修を実施した
としても、補修には今後30年で約195兆円の費用がかかります。
インフラの補修だけで、単純平均すると6兆円程度と、1年分の
公共事業費がかかる計算です。

今後ますます維持管理工事が発注されることを見込んで
新設工事の技術に加えて、維持管理工事の技術の研鑽を
進めなければなりません。

コンクリート診断士や土木鋼構造診断士などの資格取得が
ますます重要になります。

日本経済新聞 12/4号を参照しました。

***********【現在募集中の建設セミナー情報】****************
★建設技術者・技能者 人材採用、定着、育成、ISO
無料説明会

「人材を採用できない」「すぐに辞めてしまう」
「なかなか育たない」「ISOを活かせない」…
そんなお悩みを解決します!

担当は降籏です。

【東京会場】
2019年2月8日(金) 19:00~21:00
2019年3月8日(金) 19:00~21:00

【名古屋会場】
2019年2月13日(水)19:00~21:00
2019年3月11日(月)19:00~21:00

【大阪会場】
2019年2月4日(月) 19:00~21:00
2019年3月12日(火) 19:00~21:00

いずれの回も同じ内容です。

http://www.hata-web.com/open_seminar/seminar-for-construction-companies/hataconsetsumeikai.html

★建設技術者、技能者キャリアアップシステム 無料提供中

建設技術者を効果的に育成するための
キャリアップシステムを
本メールマガジンの読者に無料配付いたします。
興味がある方は、まずは以下をご覧下さい

http://www.hata-web.com/wp/?p=10113

★「技術提案 文章力・提案力 強化 2日間コース」

東京開催 2019年1月24日(木)~1月25日(金)

建設業、建設コンサルタント業に向けた
技術提案で高い評価を得るためのセミナーです

http://www.hata-web.com/wp/?p=2566&type=seminer

★建設業 社員教育体系~必要能力・教育計画~作成2日間コース

東京開催 2019年2月19日(火)~20日(水)
名古屋開催 2019年2月26日(火)~27日(水)
大阪開催 2019年3月5日(火)~6日(水)

新年度の必要能力一覧表、教育計画を2日間で完成させます。

http://www.hata-web.com/wp/?p=10776&type=seminer

★ISO45001;2018 最新マニュアル 作成セミナー

労働安全衛生マネジメントシステムがISOになりました
この機会にISOで現場の安全を守りましょう

2019年1月16日(水)
2019年2月20日(水)
2019年3月19日(火)

★新入社員育成2ヶ月コース

2019年4月入社予定の新入社員に向けた研修です。
建設会社に特化した内容ですので、すぐに現場で活かせます

東京、名古屋、大阪にて開催
2019年4月~5月

http://www.hata-web.com/open_seminar/seminar-for-construction-companies/sinnyu2m.html

★若手施工管理技術者育成3ヶ月コース

入社5年程度の若手施工管理技術者を鍛えるコースです

東京、名古屋、大阪にて開催
2019年5月~7月

http://www.hata-web.com/open_seminar/5-big-seminar/wakate27.html

■建設業経営者向け講演会(名古屋開催)

建設業経営者、経営幹部が経営を学ぶ場を作っています。
興味ある方はお問い合せください。

★2019年2月例会 2月14日(木)
講演 谷本有香様 (フォーブス 副編集長)
「何もしなくても人がついてくるリーダーの習慣」

★2019年4月例会 4月18日(木)
講演 井上修様 (伊那食品工業 代表取締役)
「いい会社をつくりましょう」

*************************************************
【編集後記】
*************************************************

昨日は出張先にパソコンを持参するのを忘れて、本メルマガを
発行できませんでした。
ほとんどの業務はスマホがあれば足りるのですが、メルマガを
書くためにはかなりの調べごとが必要なため、スマホでは
力不足でした。

____________________
【無料ノウハウ集提供中】本メルマガ読者に限定で、
建設業向け無料ノウハウ集を提供中です。

無料ノウハウ集の目次です
●人材育成手法
【新入社員育成の秘訣】
【若手社員育成の秘訣】
【現場代理人育成の秘訣】
【工事部長・課長育成の秘訣】
●業績アップ手法
【効果的な新卒採用の方法】
【工事成績評定で80点を取る方法】
【技術提案で高い評価を得る方法】
【原価低減5つのポイント】
【建設業の業績倍増戦略】
【儲かるISOの構築方法】
【WEBを活用して業績向上】
【建設業のISO9001,14001 2015年改訂】
●仕事の質を上げる方法
【朝礼でうまく発言するコツ】
【現場代理人に必要な雑談力】

下記にアクセスしてパスワードを聞かれたら
「hatacon」
と入力してください。

http://www.hata-web.com/know-how/

●メルマガ「がんばれ建設」バックナンバーはこちら

http://www.hata-web.com/wp/?type=blog

●YouTube番組「Hata Channel」はこちら

http://www.youtube.com/user/hatacon919

●降籏 達生のプロフィールはこちら

http://www.hata-web.com/company/staff_furuhata.html

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【発行】ハタ コンサルタント株式会社 代表取締役 降籏 達生
【所在地】愛知県名古屋市中村区名駅4-2-28 名古屋第2埼玉ビル
【東京支店】東京都中央区銀座七丁目15番8号 タウンハイツ銀座406
【電話】052-533-9688 【FAX】052-533-9689
【ホームページ】http://www.hata-web.com/
【作者に直接メールする】furuhata@hata-web.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■