【がんばれ建設】NO 1226【建設技術】「なぜ技術を知識化する必要があるのか」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
がんばれ建設
~建設業専門の業績アップの秘策~
作者;ハタ コンサルタント株式会社 降 籏 達 生
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■2018年11月29日

本メールマガジンの登録解除はこちらから。

http://growmail.jp/bm/p/f/tf.php?id=hatacon

お世話になっている皆様。
いつもありがとうございます。
ハタ コンサルタント株式会社 降籏達生(ふるはたたつお)です。

**************************************************
今日の一言
「」
**************************************************

★「技術提案 文章力・提案力 強化 2日間コース」

技術提案で高評価を得るための研修を
東京にて開催します

技術提案書執筆担当者はもちろん
査読をされる方にも役立つ内容です

東京開催 2019年1月24日(木)~1月25日(金)

建設業、建設コンサルタント業に向けた
技術提案で高い評価を得るためのセミナーです

講師は私降籏です。

http://www.hata-web.com/wp/?p=2566&type=seminer

では本日のメインコンテンツです。

*************************************************
「なぜ技術を知識化する必要があるのか」
*************************************************

「同じようなミスが繰り返される」
「ベテランから若手への技術継承が進まない」
「同じような書類をいつも一から作成していて時間がかかる」

このようなことが社内で起きているとすると
それは技術の知識化が進んでいないことが原因です。

一方、技術を知識化するためには、手順書、マニュアル、
チェックリストなどを作成しなくてはならず、面倒くさい、
時間がかかる、という理由で進んでいない会社が多数です。

ではなぜ、技術を知識化する必要があるのでしょうか。
理由は5つあります。

●1.長期的には時間と労力の節約になる

社員教育の際、時間やお金のコストを大幅に削減すること
ができます。
教え方や教える事が標準化されるため、教わる側だけでなく、
教える側にとっても共有知識化は重要です。

社員が持つ疑問への回答集、あらゆる場面に対応した
教育マニュアルを作成すると、社員教育の時間、労力が圧倒的に
減ります。
また教わる側にとっても口頭での説明だけでなく、マニュアル等
にて教えられれば、分かりやすくなるでしょう。

●2.現場担当者が変わっても品質が安定する

人が変わっても安定した品質の成果を出すことができます。
現場で試行錯誤しながら生み出した施工事例を、現場単位の
知識に留めず他の現場でも使えるようにすることで、
人が変わっても、高品質、高効率の業務を維持できます。

ベテラン技術者が退社したら、自社の強みを発揮できない
ようではとても危険です。
施工計画書、作業手順書、実行予算書、実施工程表はノウハウの
かたまりです。
属人的な知識となってしまっている知識やノウハウを共有知識化
することで、技術の継承ができ、後継技術者にすぐに代われる
状態にしましょう。

●3.同じ失敗を起こさない

知識というと、ノウハウや手法などが頭に浮かんできますが、
「失敗経験」も重要な知識の一つです。
どういう状況でどのような失敗をしたか、という知識を蓄積する
ことで同じ失敗を繰り返すことを防げます。

赤字工事、工期遅延、労災、クレーム、品質異常等
建設会社には多くの失敗事例をあることでしょう。
そのような失敗は成功よりも価値があります。
なぜなら学習でき、成長できるチャンスだからです。
それを「個人の学習」に留まらず、「組織の学習」とする
ために、失敗から得た知識を共有化しましょう。

●4.個人の個性を企業の個性にする

トンネル、ダムや高層ビル、改修工事などの専門的な知識や
特殊な経験を持つ社内の人間の存在を共有し、人材を有効に
活用することで、自社の強みとすることができます。

多様性のある企業を作るために必要なことは、個性の多様化です。
個々の現場で創意工夫をしたり、新技術を編み出していることを
社内で共有化すると、企業に多様性が生まれます。
新しい工事プロジェクトが始まる際に、個人が有する知識を
把握しておけば、適切なチーム編成ができます。
社員一人一人の個性が社内で共有されていれば、最高の
プロジェクトチームが出来上がるでしょう。

●5.多くの意見を踏まえてよりよい知識にできる

共有化された施工計画書、作業手順書、実行予算書を見た人が
さらにそれを改善することでより高度な技術となります。

ノウハウや知識、不測の事態への対応法は共有したら
終わりではありません。
その共有化された知識を多くの社員が見ることで、それに付け
加えたり、改善したりすることで、その知識はさらにブラッシュ
アップされます。

以上5つのメリットがある技術の知識化を着々と進めましょう。

***********【現在募集中の建設セミナー情報】****************
★建設技術者、技能者キャリアアップシステム 無料提供中

建設技術者を効果的に育成するための
キャリアップシステムを
本メールマガジンの読者に無料配付いたします。
興味がある方は、まずは以下をご覧下さい

http://www.hata-web.com/wp/?p=10113

★「技術提案 文章力・提案力 強化 2日間コース」

東京開催 2019年1月24日(木)~1月25日(金)

建設業、建設コンサルタント業に向けた
技術提案で高い評価を得るためのセミナーです

http://www.hata-web.com/wp/?p=2566&type=seminer

★建設業 社員教育体系~必要能力・教育計画~作成2日間コース

東京開催 2019年2月19日(火)~20日(水)
名古屋開催 2019年2月26日(火)~27日(水)
大阪開催 2019年3月5日(火)~6日(水)

新年度の必要能力一覧表、教育計画を2日間で完成させます。

http://www.hata-web.com/wp/?p=10776&type=seminer

★新入社員育成2ヶ月コース

2019年4月入社予定の新入社員に向けた研修です。
建設会社に特化した内容ですので、すぐに現場で活かせます

東京、名古屋、大阪にて開催
2019年4月~5月

http://www.hata-web.com/open_seminar/seminar-for-construction-companies/sinnyu2m.html

★若手施工管理技術者育成3ヶ月コース

入社5年程度の若手施工管理技術者を鍛えるコースです

東京、名古屋、大阪にて開催
2019年5月~7月

http://www.hata-web.com/open_seminar/5-big-seminar/wakate27.html

■建設業経営者向け講演会(名古屋開催)

建設業経営者、経営幹部が経営を学ぶ場を作っています。
興味ある方はお問い合せください。

★12月例会 12月4日(火)
講演 平林良人様(テクノファ 会長)
「リスクマネジメントで建設業の品質、安全を守る」

http://kk-c.net/kkc201812/

★2019年2月例会 2月14日(木)
講演 谷本有香様 (フォーブス 副編集長)
「何もしなくても人がついてくるリーダーの習慣」

★2019年4月例会 4月18日(木)
講演 井上修様 (伊那食品工業 代表取締役)
「いい会社をつくりましょう」
*************************************************
【編集後記】
*************************************************

本日より教育指導スペシャリスト養成講座が
始まります。
一流の指導者を育成するため、がんばります。

____________________
【無料ノウハウ集提供中】本メルマガ読者に限定で、
建設業向け無料ノウハウ集を提供中です。

無料ノウハウ集の目次です
●人材育成手法
【新入社員育成の秘訣】
【若手社員育成の秘訣】
【現場代理人育成の秘訣】
【工事部長・課長育成の秘訣】
●業績アップ手法
【効果的な新卒採用の方法】
【工事成績評定で80点を取る方法】
【技術提案で高い評価を得る方法】
【原価低減5つのポイント】
【建設業の業績倍増戦略】
【儲かるISOの構築方法】
【WEBを活用して業績向上】
【建設業のISO9001,14001 2015年改訂】
●仕事の質を上げる方法
【朝礼でうまく発言するコツ】
【現場代理人に必要な雑談力】

下記にアクセスしてパスワードを聞かれたら
「hatacon」
と入力してください。

http://www.hata-web.com/know-how/

●メルマガ「がんばれ建設」バックナンバーはこちら

http://www.hata-web.com/wp/?type=blog

●YouTube番組「Hata Channel」はこちら

http://www.youtube.com/user/hatacon919

●降籏 達生のプロフィールはこちら

http://www.hata-web.com/company/staff_furuhata.html

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【発行】ハタ コンサルタント株式会社 代表取締役 降籏 達生
【所在地】愛知県名古屋市中村区名駅4-2-28 名古屋第2埼玉ビル
【東京支店】東京都中央区銀座七丁目15番8号 タウンハイツ銀座406
【電話】052-533-9688 【FAX】052-533-9689
【ホームページ】http://www.hata-web.com/
【作者に直接メールする】furuhata@hata-web.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■