【がんばれ建設】NO 1200【建設技術】「電源コードつまずき事故で指名停止」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
がんばれ建設
~建設業専門の業績アップの秘策~
作者;ハタ コンサルタント株式会社 降 籏 達 生
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■2018年10月23日

本メールマガジンの登録解除はこちらから。

http://growmail.jp/bm/p/f/tf.php?id=hatacon

お世話になっている皆様。
いつもありがとうございます。
ハタ コンサルタント株式会社 降籏達生(ふるはたたつお)です。

**************************************************
今日の一言
「ちょっとしたことに気をつけよう」
**************************************************

★教育・指導スペシャリスト養成講座

社内研修時や施工検討会などにて

「もっと良いアドバイスができたはず」
「もっと親身に相談に乗ってあげたい」
「もっと結果を出させてあげたい」
「もっと成果の出る研修を実施したい」

そう感じたことはないでしょうか?

20年かけて完成された降籏ノウハウを完全教授!
一流の教育・指導スペシャリストになるための講座です。

11月~3月 名古屋開催

http://www.hata-web.com/wp/?p=10871&type=seminer

では本日のメインコンテンツです。
*************************************************
「電源コードつまずき事故で指名停止」
*************************************************

現場には様々な配線や配管が張り巡らされています。
地中配線や空中配線はよいですが、地面に露出した
配線は、つまずき事故の原因となるおそれがあります。
私も現場で配線や配管につまずいたことは、よくあります。

国土交通省九州地方整備局は、歩道を横切っていた工事用の
電源コードで自転車が転倒し、乗っていた30代の男性が腕を
骨折した事故で、コードを置いた建設会社を10月5日から2カ月の
指名停止としました。
段差をなくすための保護材を設置していませんでした。

工事内容は約49万m2にわたる河川区域の除草と、護岸の
応急補修などでした。

 今年8月31日、大分県中津市本耶馬渓町を流れる山国川の
右岸に沿った片側1車線の市道のうち、「青の洞門」と呼ばれる
トンネルの近くで事故が起こりました。
当時、市道脇の護岸で剥がれた修景ブロックを張り直すため、
護岸に残っている接着剤を電動工具で除去していた。

 その際、車道端の側溝付近に置いた発電機から歩道を横切って
コードを引いていました。
作業時間を2時間程度と見込んで午前中から始め、昼の休憩を
挟んで午後に終える予定でした。
作業中は交通誘導員を配置していたが、昼休みで現場を離れて
いた時に事故が起こりました。

 電源コードは直径1cm未満で、粘着テープなどで固定して
いませんでした。
歩道を斜めに横断していたので、自転車などのタイヤが乗り
上げた際に滑りやすい状態だったのです。

この事故の原因は
電源コードの養生をしていなかったこと
休憩時間に交通誘導員を配置していなかったこと
看板などの注意喚起処置が不十分だったこと
でしょう。

このようなことは現場では起こりがちです。
その結果、指名停止になり受注予定工事を逸注すると
会社の業績に関わりますし、なにより一般の方のケガは
決して起こしてはいけません。

これから渇水状態になり繁忙期です。
くれぐれもご安全に。

日経 xTECH
山崎 一邦著を一部参考にしました。

***********【現在募集中の建設セミナー情報】****************
★建設技術者、技能者キャリアアップシステム 無料提供中

建設技術者を効果的に育成するための
キャリアップシステムを
本メールマガジンの読者に無料配付いたします。
興味がある方は、まずは以下をご覧下さい

http://www.hata-web.com/wp/?p=10113

★教育・指導スペシャリスト養成講座

「もっと良いアドバイスができたはず」
「もっと親身に相談に乗ってあげたい」
「もっと結果を出させてあげたい」「もっと成果の出る研修を実施したい」
そう感じたことはないでしょうか?
20年かけて完成された降籏ノウハウを完全教授!
一流の教育・指導スペシャリストになるための講座です。

11月~3月 名古屋開催

http://www.hata-web.com/wp/?p=10871&type=seminer

★新入社員から現場代理人、工事部課長まで
2日間で鍛えます。

◆現場代理人 原価低減力・交渉力強化2日間コース

名古屋開催 2018年10月24日(水)~25日(木)

http://www.hata-web.com/wp/?p=3425&type=seminer

◆工事部課長 組織管理力・人材育成力強化2日間コース

東京開催 2018年11月6日(火)~7日(水)
名古屋開催 2018年11月8日(木)~9日(金)
大阪開催 2018年11月27日(火)~28日(水)

http://www.hata-web.com/wp/?p=2983&type=seminer

◆ 専門工事会社現場管理者、職長 原価・工程管理、
コミュニケーション力 強化コース

  名古屋開催 2018年11月15日(木) 9:30~17:00
大阪開催 2018年11月21日(水) 9:30~17:00

http://www.hata-web.com/wp/?p=10221&type=seminer

★「技術提案 文章力・提案力 強化 2日間コース」

東京開催 2019年1月24日(木)~1月25日(金)

建設業、建設コンサルタント業に向けた
技術提案で高い評価を得るためのセミナーです

http://www.hata-web.com/wp/?p=2566&type=seminer

★建設業 社員教育体系~必要能力・教育計画~作成2日間コース

東京開催 2019年2月19日(火)~20日(水)
名古屋開催 2019年2月26日(火)~27日(水)
大阪開催 2019年3月5日(火)~6日(水)

新年度の必要能力一覧表、教育計画を2日間で完成させます。

http://www.hata-web.com/wp/?p=10776&type=seminer

■建設業経営者向け講演会(名古屋開催)

建設業経営者、経営幹部が経営を学ぶ場を作っています。
興味ある方はお問い合せください。

★10月例会 10月23日(火)
講演 佐藤義典様
「建設業の『売れる会社のすごい仕組み』」

http://kk-c.net/kkc201810/

★12月例会 12月4日(火)
講演 平林良人様
「リスクマネジメントで建設業の品質、安全を守る」

http://kk-c.net/kkc201812/

*************************************************
【編集後記】
*************************************************

現在障がい者雇用に取り組んでいます。
好き好んで障がい者となったわけではないので
ともによい関係を築いていきたいと思っています。
____________________
【無料ノウハウ集提供中】本メルマガ読者に限定で、
建設業向け無料ノウハウ集を提供中です。

無料ノウハウ集の目次です
●人材育成手法
【新入社員育成の秘訣】
【若手社員育成の秘訣】
【現場代理人育成の秘訣】
【工事部長・課長育成の秘訣】
●業績アップ手法
【効果的な新卒採用の方法】
【工事成績評定で80点を取る方法】
【技術提案で高い評価を得る方法】
【原価低減5つのポイント】
【建設業の業績倍増戦略】
【儲かるISOの構築方法】
【WEBを活用して業績向上】
【建設業のISO9001,14001 2015年改訂】
●仕事の質を上げる方法
【朝礼でうまく発言するコツ】
【現場代理人に必要な雑談力】

下記にアクセスしてパスワードを聞かれたら
「hatacon」
と入力してください。

http://www.hata-web.com/know-how/

●メルマガ「がんばれ建設」バックナンバーはこちら

http://www.hata-web.com/wp/?type=blog

●YouTube番組「Hata Channel」はこちら

http://www.youtube.com/user/hatacon919

●降籏 達生のプロフィールはこちら

http://www.hata-web.com/company/staff_furuhata.html

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【発行】ハタ コンサルタント株式会社 代表取締役 降籏 達生
【所在地】愛知県名古屋市中村区名駅4-2-28 名古屋第2埼玉ビル
【東京支店】東京都中央区銀座七丁目15番8号 タウンハイツ銀座406
【電話】052-533-9688 【FAX】052-533-9689
【ホームページ】http://www.hata-web.com/
【作者に直接メールする】furuhata@hata-web.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■