【がんばれ建設】NO 1159【建設技術】「水深わずか10cm程度でも発電が可能」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
がんばれ建設
~建設業専門の業績アップの秘策~
作者;ハタ コンサルタント株式会社 降 籏 達 生
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■2018年8月10日

本メールマガジンの登録解除はこちらから。

https://f.msgs.jp/webapp/form/15463_tww_5/index.do?s=175

お世話になっている皆様。
いつもありがとうございます。
ハタ コンサルタント株式会社 降籏達生(ふるはたたつお)です。

**************************************************
今日の一言
「水力発電は自然のエネルギー」
**************************************************

★「建設技能講師養成セミナー」
を東京、兵庫で開催します。

全国的に技能者不足が顕著です。
また若い技能者がすぐに辞めてしまうことも問題です。

それらを解決するための方策として「技能講師」を
養成する講座を開催します。
技能をうまく教えることで
一日でも早く一人前の職人に養成することが目的です。

相手が理解し行動できる指導法を体得できます
知識、技能、経験を伝える技術を学べます
型枠、鉄筋、左官など全工種に対応。

【関西会場】2018年9月22日(土)~23日(日) 
【関東会場】2018年12月1日(土)~2日(日)

詳しくはこちらです。

http://www.hata-web.com/wp/?p=10705

では本日のメインコンテンツです。
*************************************************
「水深わずか10cm程度でも発電が可能」
*************************************************

鉄建建設は、NewAct、あき電器、久力製作所と共同で、
小さな農業用水路やトンネル湧水を排出する
中央排水溝など、水量の少ない場所に適した
小水力発電装置を開発しました。
現在は茨城県石岡市の農業用水路で試験運転を実施しています。

条件がそろえば水深が10cm程の浅い水路でも
発電するのが特徴です。
流量が毎秒0.03m3、流速が毎秒2mの条件下で、
最大9.6W出力します。
鉄建建設によると、これだけ少ない水量と流速で
発電する小水力発電装置は初めてです。

装置の要となるのは、水の流れに合わせて開閉する
「可動翼タービン」です。
回転体の範囲に16枚の可動翼が付いています。
可動翼が上流側にある時に水圧を受けて開き、
水のエネルギーをタービンの回転力に変換します。
他方、上流側では水圧を利用して閉じ、
タービンを停止させるように動く逆向きのエネルギーを
受け流す仕組みです。

流れる方向が変化しても、それに合わせて水のエネルギーを
効率的に受け止める流量や流速が発電の条件に
満たない水路でも、小さな落差を利用した
「集水加速導水路」を設置することで発電は可能になります。

水流があれば発電が困難な環境下で効果を発揮します。
水流があれば電力を確保できるため、山間部や農村部での
需要は高いです。
鉄建建設は発電した電気を用途に合わせて利用できるよう、
周辺機器や設備を充実させる考えです。

自然エネルギーとしての水力発電を
今後ますます増やすきっかけとなる技術です。

http://www.tekken.co.jp/topics/assets/shousuiryoku.pdf

***********【現在募集中の建設セミナー情報】****************
★建設技術者、技能者キャリアアップシステム 無料提供中

建設技術者を効果的に育成するための
キャリアップシステムを
本メールマガジンの読者に無料配付いたします。
興味がある方は、まずは以下をご覧下さい

http://www.hata-web.com/wp/?p=10113

★新入社員から現場代理人、工事部課長まで
2日間で鍛えます。

◆新入社員 工程・原価・品質管理基礎 強化2日間コース

東京開催 2018年10月16日(火)~17日(水)
名古屋開催 2018年8月28日(火)~29日(水)

http://www.hata-web.com/wp/?p=10212&type=seminer

◆若手施工管理技術者 工程・原価管理力、資格取得力 強化2日間コース

東京開催 2018年9月4日(火)、5日(水)
名古屋開催 2018年9月20日(木)、21日(金)
大阪開催 2018年10月2日(火)、3日(水)

http://www.hata-web.com/wp/?p=4796&type=seminer

◆現場代理人 原価低減力・交渉力強化2日間コース

東京開催 2018年10月2日(火)~3日(水)
名古屋開催 2018年10月24日(水)~25日(木)
大阪開催 2018年10月15日(月)~16日(火)

http://www.hata-web.com/wp/?p=3425&type=seminer

◆工事部課長 組織管理力・人材育成力強化2日間コース

東京開催 2018年11月6日(火)~7日(水)
名古屋開催 2018年11月8日(木)~9日(金)
大阪開催 2018年11月27日(火)~28日(水)

http://www.hata-web.com/wp/?p=2983&type=seminer

◆ 専門工事会社現場管理者、職長 原価・工程管理、コミュニケーション力 強化コース
 東京開催 2018年11月14日(水) 9:30~17:00
名古屋開催 2018年11月15日(木) 9:30~17:00
大阪開催 2018年11月21日(水) 9:30~17:00

http://www.hata-web.com/wp/?p=10221&type=seminer

★「技術提案 文章力・提案力 強化 2日間コース」

名古屋開催 10月4日(木)~10月5日(金)

建設業、建設コンサルタント業に向けた
技術提案で高い評価を得るためのセミナーです

http://www.hata-web.com/wp/?p=2566&type=seminer

★ISO推進フォーラム
売れるホームページ運営のための、
絶対に必要な基礎知識講座

http://www.hata-web.com/wp/?p=10533

■建設業経営者向け講演会(名古屋開催)

建設業経営者、経営幹部が経営を学ぶ場を作っています。
興味ある方はお問い合せください。

★8月例会 8月30日(木)
講演 白駒妃登美様
博多の歴女の登壇です。

http://kk-c.net/kkc201808/

★10月例会 10月23日(火)
講演 佐藤義典様
「建設業の『売れる会社のすごい仕組み』」

★12月例会 12月4日(火)
講演 平林良人様
「リスクマネジメントで建設業の品質、安全を守る」

*************************************************
【編集後記】
*************************************************

あす、もしくはあさってからお盆休みという方が
多いと思います。
現場の締切りなど多忙のことでしょう

さて本メールマガジンも
8月19日(日)までお休みいただき、
8月20日(月)より再開します。
たくさんの最新情報を仕入れて改めてお届けします。

____________________
【無料ノウハウ集提供中】本メルマガ読者に限定で、
建設業向け無料ノウハウ集を提供中です。

無料ノウハウ集の目次です
●人材育成手法
【新入社員育成の秘訣】
【若手社員育成の秘訣】
【現場代理人育成の秘訣】
【工事部長・課長育成の秘訣】
●業績アップ手法
【効果的な新卒採用の方法】
【工事成績評定で80点を取る方法】
【技術提案で高い評価を得る方法】
【原価低減5つのポイント】
【建設業の業績倍増戦略】
【儲かるISOの構築方法】
【WEBを活用して業績向上】
【建設業のISO9001,14001 2015年改訂】
●仕事の質を上げる方法
【朝礼でうまく発言するコツ】
【現場代理人に必要な雑談力】

下記にアクセスしてパスワードを聞かれたら
「hatacon」
と入力してください。

http://www.hata-web.com/know-how/

●メルマガ「がんばれ建設」バックナンバーはこちら

http://www.hata-web.com/wp/?type=blog

●YouTube番組「Hata Channel」はこちら

http://www.youtube.com/user/hatacon919

●降籏 達生のプロフィールはこちら

http://www.hata-web.com/company/staff_furuhata.html

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【発行】ハタ コンサルタント株式会社 代表取締役 降籏 達生
【所在地】愛知県名古屋市中村区名駅4-2-28 名古屋第2埼玉ビル
【東京支店】東京都中央区銀座七丁目15番8号 タウンハイツ銀座406
【電話】052-533-9688 【FAX】052-533-9689
【ホームページ】http://www.hata-web.com/
【作者に直接メールする】furuhata@hata-web.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■