【がんばれ建設】NO 1121【建設技術】「成功の条件は運と愛嬌」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
がんばれ建設
~建設業専門の業績アップの秘策~
作者;ハタ コンサルタント株式会社 降 籏 達 生
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■2018年6月12日

*************************************************
「成功の条件は運と愛嬌」
*************************************************

「経営の神様」と崇(あが)められた
松下電器産業(現パナソニック)創業者の松下幸之助さんは
「成功の条件は運と愛嬌」
とおっしゃっています。

「運」がいい人は「根拠のない自信」を持っています。
どんな困難な工事でも「きっとうまくいく」と
信じ切っているのです。

ではどうすれば「根拠のない自信」が得られるでしょうか。
その方法は2つです。

1つは試行回数を増やすこと。
つまり、トライする回数を増やすことです。
宝くじであればたくさん買うこと。
工事運営であればいつもと同じ方法で施工するのではなく
失敗をおそれずたくさんチャレンジすること。

2つ目は、熟練度を上げること。
知識と経験を積み重ねて、1回1回の成功する確率を増やすのです。
マルコム・グラッドウェル氏が著書の中で紹介している
「一万時間の法則」というのがあります。
どんな分野でも、だいたい一万時間程度継続してそれに
取り組んだ人は、その分野のエクスパートになるという経験則です。

一万時間は、一日3時間経験を積むとすると
10000時間÷(3時間×365日)=9.1年
なので約10年間やり続けて到達する時間です。

ビートルズが一流になったのはハンブルク時代に
酒場で1万時間演奏したこと

ビル・ゲイツ氏が高校時代にプログラムを
1万時間書き続けたこと
がその根拠として語られています。

ビートルズやビルゲイツが成功したのは
「運」がよかったとひとくくりにせず、1万時間の鍛錬が
引き寄せたと言えます。

次に松下幸之助さんがおっしゃっているもう一つの
「愛嬌」とは私は「可愛げ」だと考えています。

では可愛げって何でしょうか。
それは「すぐ行動」「喜び上手」「報告まめ」です。

可愛げについては以前も書きましたが再掲します。

1)すぐ行動

すぐ行動する人とは、上司から
「この本読んだ方がいいぞ」
と言われたら、すぐにその本を買い
読む人です。

「そのうち読みます」
「時間ができたら読みます」
では「可愛げ」がある人とは言えません。

2)喜び上手

協力会社の職長から
「監督さん、缶コーヒーどうぞ」
と言われて缶コーヒーをもらったとき
無表情で「ああ」とだけ言って受け取る人は
「可愛げ」がありません。

一方、
「わーっ、●●さんありがとうございます。
今ちょうどコーヒー飲みたかったんです。
しかもこの「微糖」が私の大好物なんです」
と少々大げさに喜んでもらえると
また何かしてあげようと思うものです。

3)報告まめ

現場で起こったことを発注者や会社に
まめに報告をする人は「可愛げ」があります。
しかし、相手から聞かれないと報告しない人は
「可愛げ」がないのです。

「今日現場でコンクリートが硬くて困りましたが
生コン工場に連絡をして、すぐに改善されました」

まして言いにくいこと、失敗したこと
うまくいかなかったことを、正直に
報告する人は「信頼」されます。

「・・・で失敗しました」
「材料が食い込んでしまいました」
「測量ミスをしました」

運と愛嬌を手にすることができる建設技術者に
なりたいものです。

***********【現在募集中の建設セミナー情報】****************
★建設技術者、技能者キャリアアップシステム 無料提供中

建設技術者を効果的に育成するための
キャリアップシステムを
本メールマガジンの読者に無料配付いたします。
興味がある方は、まずは以下をご覧下さい

http://www.hata-web.com/wp/?p=10113

★「技術提案 文章力・提案力 強化 2日間コース」

名古屋開催 7月4日(水)~7月5日(木)
      10月4日(木)~10月5日(金)

建設業、建設コンサルタント業に向けた
技術提案で高い評価を得るためのセミナーです

http://www.hata-web.com/wp/?p=2566&type=seminer

★建設ICTセミナー

建設ICTを実際にドローンやマシンガイダンス
マシンコントロールの実物を見ながら学びます。

7月20日(金)名古屋開催

http://www.hata-web.com/wp/?p=8042&type=seminer

★建設業働き方改革セミナー

建設業に独特の働き方改革の実践事例を紹介します。

8月8日(水)東京開催
8月9日(木)名古屋開催
8月10日(金)大阪開催

http://www.hata-web.com/wp/?p=8912&type=seminer

★新入社員から現場代理人、工事部課長まで
2日間で鍛えます。

◆新入社員 工程・原価・品質管理基礎 強化2日間コース

東京開催 2018年10月16日(火)~17日(水)
名古屋開催 2018年8月28日(火)~29日(水)
大阪開催 2018年7月31日(火)~8月1日(水)

http://www.hata-web.com/wp/?p=10212&type=seminer

◆若手施工管理技術者 工程・原価管理力、資格取得力 強化2日間コース

東京開催 2018年9月4日(火)、5日(水)
名古屋開催 2018年9月20日(木)、21日(金)
大阪開催 2018年10月2日(火)、3日(水)

http://www.hata-web.com/wp/?p=4796&type=seminer

◆現場代理人 原価低減力・交渉力強化2日間コース

東京開催 2018年10月2日(火)~3日(水)
名古屋開催 2018年10月24日(水)~25日(木)
大阪開催 2018年10月15日(月)~16日(火)

http://www.hata-web.com/wp/?p=3425&type=seminer

◆工事部課長 組織管理力・人材育成力強化2日間コース

東京開催 2018年11月6日(火)~7日(水)
名古屋開催 2018年11月8日(木)~9日(金)
大阪開催 2018年11月27日(火)~28日(水)

http://www.hata-web.com/wp/?p=2983&type=seminer

★ISO推進フォーラム
売れるホームページ運営のための、
絶対に必要な基礎知識講座

http://www.hata-web.com/wp/?p=10533

■建設業経営者向け講演会(名古屋開催)

建設業経営者、経営幹部が経営を学ぶ場を作っています。
興味ある方はお問い合せください。

★6月例会 6月19日(火)
「建設業経営者のための、いざというときの話し方講座」
講演 菱田さつき様

http://kk-c.net/kkc201806/

★8月例会 8月30日(木)
講演 白駒妃登美様
博多の歴女の登壇です。

http://kk-c.net/kkc201808/

*************************************************
【編集後記】
*************************************************

米朝首脳会談で2人の首脳が13秒間握手をしました。
大事を成し遂げた男たちの顔は
清々しく見えました。

____________________
【無料ノウハウ集提供中】本メルマガ読者に限定で、建設業向け無料ノウハウ集を提供中です。

無料ノウハウ集の目次です
●人材育成手法
【新入社員育成の秘訣】
【若手社員育成の秘訣】
【現場代理人育成の秘訣】
【工事部長・課長育成の秘訣】
●業績アップ手法
【効果的な新卒採用の方法】
【工事成績評定で80点を取る方法】
【技術提案で高い評価を得る方法】
【原価低減5つのポイント】
【建設業の業績倍増戦略】
【儲かるISOの構築方法】
【WEBを活用して業績向上】
【建設業のISO9001,14001 2015年改訂】
●仕事の質を上げる方法
【朝礼でうまく発言するコツ】
【現場代理人に必要な雑談力】

下記にアクセスしてパスワードを聞かれたら
「hatacon」
と入力してください。

http://www.hata-web.com/know-how/

●メルマガ「がんばれ建設」バックナンバーはこちら

http://www.hata-web.com/wp/?type=blog

●YouTube番組「Hata Channel」はこちら

http://www.youtube.com/user/hatacon919

●降籏 達生のプロフィールはこちら

http://www.hata-web.com/company/staff_furuhata.html

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【発行】ハタ コンサルタント株式会社 代表取締役 降籏 達生
【所在地】愛知県名古屋市中村区名駅4-2-28 名古屋第2埼玉ビル
【東京支店】東京都中央区銀座七丁目15番8号 タウンハイツ銀座406
【電話】052-533-9688 【FAX】052-533-9689
【ホームページ】http://www.hata-web.com/
【作者に直接メールする】furuhata@hata-web.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■