【がんばれ建設】 NO540【建設技術】「毎日20マイル歩く」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
がんばれ建設
~建設業専門の業績アップの秘策~
作者;ハタ コンサルタント株式会社 降 籏 達 生
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■2013年3月19日
お世話になっている皆様。
いつもありがとうございます。
ハタ コンサルタント株式会社 降籏です。

週末に「新入社員育成2か月コース」のお申し込みを
たくさんいただきました。
アベノミクスもあり、今年は採用意欲が高いようです。
「中途採用をしたいので紹介して欲しい」
とう連絡もよく受けます。

即戦力の採用も重要ですが
手間ひまかけて新卒社員を育成することを
ぜひ行ってみてください。
ロイヤリティが高く、会社の力になる社員さんに必ず
育つことでしょう。

今年4月に入社する社員さんと、4年目程度までの方を対象とした
「新入社員育成2か月コース」4月9日開講です。
http://www.hata-web.com/wp/?p=287

では本日のメインコンテンツに行ってみましょう。

**************************************************
毎日20マイル歩く
**************************************************

少々長くなりますが読んでみてください。

アメリカ南西部にあるカリフォルニア州サンディエゴ。
太平洋に接する海岸に立ち、内陸部を眺めている自分を想像してほしい。
ここを起点として、大西洋に接するアメリカ北東部のメーン州まで
3000マイル(4800?q)におよぶウォーキングに挑戦するのである。

1日目、20マイル(32?q)歩き、町中の喧騒から抜け出す。
2日目、20マイル歩く。3日目、再び20マイル歩き、砂漠地帯に入る。
ここは暑い。気温は摂氏38度以上だ。
「テントの中で休憩したい」と思う。
でも、気を取り直して立ち上がり、やはり20マイル歩く。
1日20マイルのペースを維持するわけだ。

ある日、気候が変わって涼しくなる。
追い風も吹いてさらに快適になる。
「これならもっと速く歩ける」と思う。
だが、自制を働かせ、早く歩きすぎないよう調整する。
いままで通り1日20マイルのペースを維持する。

次はコロラド州の山岳地帯に入る。
雪と風に見舞われ、気温も氷点下摂氏18度を下回る。
ひたすら「テントの中で温まりたい」と願う。
でも、やはり気を取り直し、防寒着を着込む。
そして20マイル歩く。
要は、どんな状況下でも1日20マイルのペースを維持するわけだ。

山岳地帯を超えると大平原へ足を踏み入れることになる。
爽快な春を迎え、1日40マイルでも50マイルでも歩けそうだ。
それでもペースを変えず、1日20マイルに徹する。
やがてメーン州に到着する。

ここで、別の人があなたと同じ日にサンディエゴに降り立ち、
ウォーキングの旅に出たと想像してほしい。
彼はこれからの旅に興奮して1日目に40マイル歩く。
初日の40マイルで疲労した彼は、摂氏38度の暑さに直面すると滅入ってしまう。
「状況がよくなればその時に埋め合わせすればいい」と考え、
涼しくなるまでぶらぶらすることにする。

その後も同じパターンを繰り返す。
状況がよいときには一気に歩き、
悪いときには泣き言を言いながらテントの中で待機する。
こうしてアメリカの西側を横断する。

コロラド州の山岳地帯に入る直前のことだ。
彼は素晴らしい天候に恵まれ、ペースを一気に上げた。
それまでの遅れを取り戻そうとして、1日40~50マイルも歩く。
ところが、ペースを上げた反動で疲労し切っていたところ、
突如として猛烈な吹雪に遭遇する。
これで死にそうな目に遭い、春が訪れるまでテントの中でうずくまる。

そしてようやく春が訪れる。
彼は起き上がったものの、体力を落とし、
メーン州を目指してつまずきながら歩く。
彼が中南部のカンザスシティに入るころには、
1日20マイルを堅持していたあなたはすでにメーン州の先端に到着していた。
あなたは大差で勝利したわけだ。
(「ビジョナリーカンパニー4」より)

天気が良いときも悪い時も自分で決めた20マイルを
歩き続けた人が結局は勝つというお話です。

実際のマラソンでも調子がいいといって最初にペースを上げすぎると
最後に必ずそのつけが回ってきます。

イエローハット創業者の鍵山秀三郎さんは
成功のコツは2つある。それは
「コツコツ」
です。
とおっしゃっています。
まさに鍵山さんは、毎日掃除をするという20マイルを
歩き続けて今のイエローハットに育て上げられました。

カレーチェーンの「COCO壱番屋」宗次創業者は
「早起きが成功の秘訣」
とおっしゃいます。
前日いくら遅くても、休日でも早起きするという20マイルを
やり続けられました。

インテルは、半導体の集積密度を18~24か月ごとに
倍増させることが20マイルです。

マイクロソフトは新ソフトを継続的に更新することが
20マイルです。
そういえば頻繁に新製品がでますね。

私の創業以来続けている20マイルは
毎日1枚はがきを書くこと
2か月に1回の異業種勉強会の開催すること
そしてこのメルマガを毎週発行すること
です。

マイクロソフトやインテルとは比べる対象にも
なりませんが、今後も20マイルを歩き続けようと思います。

==========================
■本メールマガジンの感想をお聞かせください。
フェイスブックページ「がんばれ建設」にて書き込めます。
皆さんの一声が私の命です!
もちろんこのメールに返信していただいてもOKです!
http://www.facebook.com/ganbare.kensetsu/posts/229614077183111
=============================
*************************************************
■技術提案書作成力を磨く合宿を開催します
技術提案 文章力・提案力 強化合宿
4月23日~24日
http://www.hata-web.com/wp/?p=2566

■3月のビデオレターは「原価低減5つのポイント」最終回です。
http://www.youtube.com/watch?v=u0XlizJdj-Q&list=UU2vQjSAszdj2LADcOIDTL_A&index=1

■技術提案ビデオレターをアップいたしました。
受注に成功する!技術提案書の書き方12「高評価を得るポイント3」
http://www.youtube.com/watch?v=w8Hmenf0L1M

■DVD20~30%オフキャンペーン
3月1日~3月31日
http://www.hata-web.com/teaching_text/
DVDの案内動画です↓
●【最新作】受注に成功する!技術提案『ヒアリング対策』
http://www.hata-web.com/teaching_text/item04_detail.php#movie
●技術提案の超達人~技術提案ワンポイントコース~
http://www.hata-web.com/teaching_text/item01_detail.php#movie
●今すぐできる建設業の原価低減~原価低減ワンポイントコース~
http://www.hata-web.com/teaching_text/item02_detail.php#movie
●現場代理人養成講座 施工で勝つ方法~基本編~
http://www.hata-web.com/teaching_text/item03_detail.php#movie

■新入社員育成2か月コース
詳細はこちら↓
http://www.hata-web.com/wp/?p=287
新入社員育成2か月コースの案内動画です(5分間程度)
http://www.youtube.com/watch?v=ShpboT-D6PU

■現場代理人育成6か月コース・工事部長・課長飛躍塾
無料説明会 4月8日月曜日18:30~ 詳細はこちら↓
http://www.hata-web.com/wp/?p=1624&type=seminer

現場代理人育成6か月コースの案内動画です(5分間程度)
http://www.youtube.com/watch?v=WQHsR5HDx4g

工事部長・課長 飛躍塾の案内動画です(5分間程度)
http://www.youtube.com/watch?v=qiIa6JvzYdc

*************************************************
【編集後記】
*************************************************

今日は春のように暖かいですね。
コートを脱いで出かけました。
名古屋市内で仕事を3件、夜は90分の講演をします。
いつもと違うバージョンで用意をしました。
どんな講演になるのか、今から楽しみです!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【発行】ハタ コンサルタント株式会社 代表取締役 降籏 達生
【所在地】愛知県名古屋市中村区名駅4-2-28 名古屋第2埼玉ビル
【電話】052-533-9688 【FAX】052-533-9689
【ホームページ】http://www.hata-web.com/
【作者に直接メールする】furuhata@hata-web.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■