【がんばれ建設】 NO504 【今週の1冊】「7つの会議」

■■がんばれ建設■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
がんばれ東北!がんばれ日本!
~建設業専門の業績アップの秘策~
作者;ハタ コンサルタント株式会社 降 籏 達 生
■■■■■■■■■■■■■■■■■2012年12月7日■■■■
お世話になっている皆様。
いつもありがとうございます。
ハタ コンサルタント株式会社 降籏です。

■〔1〕今週の1冊
降籏が読んで感銘した本を紹介しています。

今週は
「7つの会議」
池井戸潤著
です。
この本について詳しく見たい方、購入したい方はこちら↓
http://astore.amazon.co.jp/hatacon0919-22

■〔2〕セミナー予定
■技術提案「事後添削」33%オフ新春キャンペーン開始しました!
あなたが作成された技術提案書を「事後添削」します。
1月1日から31日までの実施分に限り33%オフです。
http://www.hata-web.com/gijyutu.html

■技術提案の書き方についてのビデオレターを更新しました。
第5回は「鉄筋コンクリート」
http://www.youtube.com/watch?v=0NAv85gJ3M0&feature=plcp

■「工事部課長養成講座」連載第5回 現場代理人の効果的な育成法
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/const/news/20121120/592210/

★降籏のビデオレター12月号 アップしています。原価低減その3です。
http://www.youtube.com/watch?v=TSZH3LCSuJA&list=UU2vQjSAszdj2LADcOIDTL_A&index=1&feature=plcp

■西田文郎さん講演会12月14日名古屋にて
http://www.hata-web.com/wp/?p=2118

■〔3〕編集後記

*******************************************************
■〔1〕今週の1冊
*******************************************************
■降籏は17年前に脱サラして開業するまで、会社勤めをしていました。
組織に利益をもたらすために働いてきました。
「滅私奉公」のような風潮を感じたことも
あります。
その時は自分を捨ててでも、会社の繁栄を考えると
いずれは自分に返ってくる
とも思っていました。

■しかし「滅私」はあっても「滅客」はいけません。
お客様に迷惑をかけて組織が利益を出しても
仕方ないし、それは罪です。
建設業界には「手抜き工事」という言葉があります。
理屈さえ合えば(技術的にOKであれば)、特に仮設工事は
多少の「手抜き」が許されるというような
風潮があった時期もありました。

■「姉葉事件」は、本体の鉄筋を意図的に減らすという
技術者として考えられない「滅客」行為がなされ、
大問題になり、建物の立て替えがなされました。
事件に関与した多くの企業は世間から抹消されました。

■本書は、組織人としていかに生きるべきかという
本質を問うた作品です。

「客を大事にしないと商売はほろびる。
高い志をもって誠実に生きよ。
そうすれば必ず道は開かれる」

という著者のメッセージを強く感じる内容です。
最後まで真実が見えずハラハラドキドキする物語で、
あっという間に読破できます。

■組織人として働き
お客様と組織の論理の間で苦悩するすべての方に
お勧めする1冊です。

第1章 居眠り八角
第2章 ねじ六奮戦記
第3章 コトブキ退社
第4章 経理屋稼業
第5章 社内政治家
第6章 偽ライオン
第7章 御前会議
第8章 最終議案

■「7つの会議」
池井戸潤著
この本について詳しく見たい方、購入したい方はこちら↓
http://astore.amazon.co.jp/hatacon0919-22

**************************************************
■本メールマガジンの感想をお聞かせください。

フェイスブックページ「がんばれ建設」にて書き込めます。
皆さんの一声が私の命になります!
よろしくお願いします。
http://www.facebook.com/ganbare.kensetsu/posts/395834513829487
**************************************************
■「建設業で本当にあった心温まる話」大募集!

「建設業で本当にあった心温まる話」をとりまとめ、
建設業界のイメージアップを進めようと思います。
そんなお話を紹介しています。
ぜひご覧いただくとともに、そんなお話をお聞かせください。
http://www.facebook.com/kokoroatatamaru.kensetsugyou
**************************************************

*******************************************************
■〔2〕セミナー案内
*******************************************************
***************************************************************
速報!初取引の方限定特別企画!技術提案で受注する
「事後添削33%OFF!」新春キャンペーン実施!
***************************************************************

■新春キャンペーン内容
技術提案事後添削の料金33%OFFで実施できるビックチャンス!
・実施期間【2013年1月1日~1月31日】
・予約受付開始日【2012年12月1日】
・注意事項 恐れ入りますが、定員になり次第締め切らせていただきます。

・事後添削 1テーマ当たり(消費税別)
簡易型、標準2型 通常価格3万円→新春キャンペーン価格2万円
標準1型、WTO型 通常価格6万円→新春キャンペーン価格4万円

http://www.hata-web.com/gijyutu.html
お申し込みはこちら
http://www.hata-web.com/contact/application.php

■キャンペーン対象者
・弊社と初めてお取引させていただく企業様

■技術提案支援の弊社実績
60社、200案件以上

■技術提案事後添削とは
「技術提案書でなかなか高得点が出せず、他の会社に案件を受注される」
そんな苦悩を抱えていませんか?

弊社にお問い合わせをくださるお客様も技術提案で受注するため、技術提案
書で高得点を出せる方法を日々調査されています。
いろいろな事例をみても、自社の技術ではどのように記載するのかという、
具体的なイメージがつきにくいという声を多く聞きます。

そんな皆様のお悩みを解決するための第一歩として、弊社では「事後添削」を
おすすめします。

「事後添削」とは、すでに提出済の技術提案書の添削を行うことで、自社にあっ
た技術提案書の作成の仕方を学べる添削です。今後提出予定の技術提案書
の添削に比べ、半額で実施できるため、「一度試してみたい!受注する技術提
案書作成のノウハウを学びたい!」という方にお薦めです。

■技術提案事後添削に含まれる内容
・お送りいただいた技術提案書に朱書きにて添削
・添削所見として注意事項を記載

■技術提案事後添削に必要な書類
・当該案件の特記仕様書、図面、写真
・作成された技術提案書(ワードもしくはエクセル)

■技術提案業務をご依頼いただいたお客様の声
・おかげさまで、その後の案件で工事が受注できました!
・技術提案書に書く内容はよくても、わかりにくい文章の書き方になっていると、
発注者に伝わらないということがわかった。
・技術提案書の伝わりやすい書き方を学ぶことができ、次回以降の技術提案書
作成にも学んだ知識を活かせるようになった。
・文章の表現の仕方を変えるだけで、見やすく、わかりやすく、読んでもらいやす
くなる技術提案書を作成できることがわかった。
・着眼点の見つけ方が参考になった。
・自社の技術提案書を実際に添削してもらうことで、自社にできる工法で最善の
技術提案書に仕上げることができた。

・詳細はこちら:http://www.hata-web.com/gijyutu.html
・お申し込みはこちら:http://www.hata-web.com/contact/

※返金保証制度について
技術提案コンサルティングは、「100%返金保証」にて実施しています。
万一、内容にご不満の場合や、思っていた内容と違っていたといった場合、
理由を問わず全額返金させていただきます。
ご安心の上、お申し込みください。

******************************************************
■〔3〕【編集後記】
******************************************************

今朝は東京都庁の近くにいます。
都知事選そして衆議院選挙の真っただ中。
正しく判断したいものです。

**************************************************************
【発行】ハタ コンサルタント株式会社 代表取締役 降籏 達生
【所在地】名古屋市中村区名駅4-2-28 名古屋第2埼玉ビル
【電話】052-533-9688 【FAX】052-533-9689
【ホームページ】http://www.hata-web.com/
【作者に直接メールする】furuhata@hata-web.com
**************************************************************